2008年08月05日

夢中だと

あんにょがこんなになっちゃう。


IMG_6368_s.jpg

ニックネーム こた at 22:06| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

新お留守番の友

最近お留守番の機会が増えたちったのために新しいおもちゃ達を導入。





「どうせすぐ壊してしまうからなぁ、と売り場でうろうろ、悩みに悩んだ末購入した二点。

IMG_6325_s.jpg




右は「busy buddy」というシリーズのガジィに似たゴム製のおもちゃ。
ガジィはあっという間に口のところをかじられて穴が大きくなってしまった。
これはそのガジィよりもゴムが厚めでこんな風にぱっかりふたつに開けられ、
締める度合いで開き具合を調整できる。

IMG_6327_s.jpg




2か所にこんな穴があり、中身が出やすいようになっている。

IMG_6328_s.jpg




さらに一番きつく締めてもこんな風に横から押すとくにっと開いて、
そこから少しずつご飯を食べられる。
隙間をなくすことで下あごが入らなくなり片側だけを噛むことができず、
それもガジィより長持ちしている理由かも。

IMG_6329_s.jpg




ここにはご飯よりも大きめで匂いの強いおやつも一緒に入れることで、
より長く楽しめるように工夫。
チョコかバニラのような甘い香り付きで、中身がきれいになくなった後も
長く噛んで楽しいみたい。




ボールはドギーマン製。
これもこんな風にふたつに割れて、

IMG_6331_s.jpg




間に挟まっている板に開いた穴が小指の先大から

IMG_6332_s.jpg




3.5cmほどまで調節できて

IMG_6333_s.jpg




底に入れた食べ物が透明の上半分に入り、てっぺんの2cmほどの穴から出る仕組み。


IMG_6334_s.jpg




鼻の先で転がしたり、結構大きいのにくわえて投げたり、
段差の上に持って行ってそこから落としたり。
説明書には滑りやすい床では転がしにくいかも、と書いてあったが
フローリングの床でもゴムの床でもコンクリートの上でも問題なし。
プラスチック製なのにこっかーんと豪快に投げたり落としたりするので
すぐにひびが入るだろうと思っていたけれど、3週間たってもまだ無事。
ご飯の他に穴より大きくて匂いの強いおやつも入れておくと、
それを取りたさに思い出したように何度でも転がしに行く。




そして皮の靴の形のおもちゃ。
これまた匂いの強いおもちゃをつま先にぎゅーっと詰めると、
靴を分解するまでおやつが取れない。
ひとつかふたつほどを家具の間とか物の後ろに隠して出かける。

IMG_6366_s.jpg




最後にぴいぴいおもちゃを長持ちさせる苦肉の策。
履かなくなった靴下を2枚重ね、そこにおもちゃを入れ口をしばる。


IMG_6342_s.jpg




数秒、数分で鳴らなくなっていたのが、数時間、数日は持つようになった。
音の鳴るおもちゃはもちろん大好きだからこれはとても好評。
あまり気に入って遊ぶので、かなりよだでよれよれに。
結び目はほどけない程度の固さにして、適度に入れ替え洗うようにした。
今後はもっと頑丈な布で、ぷうぷうおもちゃ入れを作る予定。




これだけのおもちゃを今までのコング、ガジィなど他のおもちゃと交代させながら
できるだけ飽きないようにしている。
それでも留守番の度、毎回粗相する。
ここまでしてようやく、粗相がただ暇をもてあますせいだけでないことがはっきりしてきた。
その話はまたいつか。

ニックネーム こた at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

自己紹介バトン

多読を中心とした英語習得のブログ、
「ハルミズキの英語のお勉強」のハルミズキさんから
ひさびさのバトンを受け取りました。
はりきってお受けしたのになかなか手を着けられずお待たせしてごめんなさい。
いつもハルミズキさんは柔軟な、とても素直な方だなー、と思っています。
愛犬、ダックスのハルちゃんは
食べたくなるようなチョコレート色です。


バトンのルール

(1)次の人は時間を見つけてのUPでOK
(2)嘘、偽りなく答える
(3)アンカー禁止
(4)回した人は回された人がルールを守っているか見に行く
(5)ルールが守られていなければ罰ゲーム


ちなみに「自己紹介」バトン、というのは
私が勝手につけた名前。
普段愛犬に関するものが多い中、すべての質問が私に関することなので
そう呼ぶことにしました。 
バトンの内容はここから
ニックネーム こた at 02:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

一生もの

まだ寒い頃からジャム蔵くんのところの
あゆぞうさんに相談に乗っていただいていた、
念願のハーフチョークが、ついに届きました。


表面がぷっくりしていてとってもかわいい。
IMG_6302_s.jpg




実際に製作に取りかかっていただくまでに交換したメールは7往復以上。
その間に私は素人丸出しであれもこれもと浮かぶ限りの希望を投げかけました。
革を使ってのもの作りについて無知だからこそ思いついたこともあったりして、
あゆぞうさんの頭はきっと、ねじりドーナツのようにぐりぐりになっていたに違いない。


そんな私の妄想に弱音を吐くどころか、お仕事道具のソフトを駆使して
デザイン画像まで送っていただくほどの徹底振り。


ことの発端は私があゆぞうさんの過去の作品、でこぼこチョークを気に入ってしまったこにとある。

続きを読む−長いです
ニックネーム こた at 18:51| Comment(11) | TrackBack(1) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

うとうとちった

一緒に日向ぼっこ。

IMG_6256_s.jpg



至福のひととき。

IMG_6257_s.jpg

ニックネーム こた at 21:06| Comment(10) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ちったと梅

冬の間に咲く梅は
寒い日数えて咲くのかな
春を待てずに咲くのかな

080221_1341~01.jpg




今日はとても暖かい日。
ちったも少しボールを追いかけただけですぐに舌が出る。
もう冬でも日差しは柔らかくなく、肌を刺すようになってしまった。
ごみを減らさなきゃ。


080221_1400~01.jpg

ニックネーム こた at 21:05| Comment(16) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ちったとサッカーボール

たくさん走れるようにサッカーボールを渡したら、
最初噛もうと必死になっていたちった。
だんだん慣れてこんなに走れるようになった。







最近では公園に着くと蹴って蹴ってと反復横飛びを繰り返す。
咥えようとするから口がこんなに泥だらけ。


IMG_6172_s.jpg

ニックネーム こた at 18:51| Comment(10) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

現生シールが届いたよ

去年末にジャム蔵くんとあゆぞうさんのところで、当選した現生シール
1か月もの間、こちらからのメールが全く届かないという耐え難きを耐えた結果、
めでたく昨日受け取ることが出来ました。
画像の受け渡しをブログ上で行い、祈る思いで住所を書いたメールを送信。
(何たって「現生」ですからね。)
これが届かなかったら直接受け取りに行くわ、と心を決めていた。
お返事はないし、やっぱり届かなかったのかも、と落胆していると、
何の前触れもなくいきなりポストにぽとんと配達されていたのでした。

あゆぞうさん、仕事速いです。


ばばーん。
IMG_6155_s.jpg


受け取ったとき封筒が分厚かった。
総勢30枚のちったシールでございます。
これは何と、あゆぞうさんが自らの御手で切っているのですって。


一枚の大きさはこれくらい。
IMG_6149_s.jpg


かわいいでしょうそうでしょう。
写真を選ぶのは本当に本当に迷ったのだけれど、これにして良かった。
ちったの笑顔に背景が緑なのがお気に入り。


そして全部を並べた写真で一枚だけ違うのに気づいた方はいらっしゃったでしょうか。
そう、かわいいかわいいジャム蔵くんのシールも一枚、おまけでいただいたのです。


IMG_6150_s.jpg


これは嬉しいです。
ブログ上でしか会ったことはないけれど、ちったがうちに来た頃から
ずっと目標にさせてもらっているジャム蔵くん。
いわばアイドルですからね。
神棚があれば上げておきたいくらい貴重です。


嬌声を上げてカッターで封を切る飼い主につられて興奮する犬一匹。
(注意:音出ます 上映時間約1分)




せっかくの透明シールだから、携帯の小窓に仮貼り。
IMG_6156_s.jpg





うーん、顔が見えなくなっちゃうね。
ということで、一枚目は携帯の裏側に落ち着きました。
IMG_6157_s.jpg


写真では見えづらいけど、銀色のところに透明シールだから光ってかっこいいんだ。
これでもう携帯、ジーンズの後ろポケットには入れられない。
トイレでぼっちゃんしたら大変だからね。
だって携帯は買い換えられるけどシールは決まった数しかこの世にないんだもん。
せっかくブログのURLも入っているからお友達に配ろうかと思ったけれど惜しくなってきた。
あちこちに貼るなんていうもったいないことはできないし、どんなふうに使おうか考え中。


ジャム蔵くん、ちったを選んでくれてありがとう。
そしてあゆぞうさん、年末年始のお忙しい中ずっと気にかけていただいて、
そして一気に仕上げて届けていただいて本当にありがとうございました。
次の現生シールプレゼントにも応募すべく、いい写真をせっせと撮りだめしなくちゃね。


IMG_6145_s.jpg


ニックネーム こた at 16:50| Comment(14) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

ちったのもの

さてこれは何でしょう。

IMG_6131_s.jpg


こたえを見ますか、そうですか
ニックネーム こた at 13:25| Comment(8) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

うまくいかないメール交換

ブログつながりで初めて当選した「現生シール」。
働き者のあゆぞうさんが早速にもちったの可愛い写真でシールを作ってくださるというのに、
私から送るメールがことごとく届かない。
ある程度大きなデータであれば、ネット上に置いたデータからも作成が可能とのこと。
で、大きな写真を置いてみる。


クリックで別窓拡大します。
copy  IMG_4480_s.jpg


今度こそうまくいきますように。
早くシールが見たいよう。

ニックネーム こた at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

切れた首輪

ちょっと自由に遊べる公園で引き綱から手を離していて
ちったが他の子に突進しようとするのを止めたら首輪が切れた。


IMG_6126_s.jpg


首輪をしていない感じが好きで細い物を使っていたら、1年持たなかった。
気に入っていたんだけどな。


IMG_6128_s.jpg


私は物が壊れてもすぐには捨てない性質。
早速縫って糸でぐるぐる巻きにして一応は使えるまでに直そうと思ったら、
何と革の中で針の頭が折れちゃった。
革には革用の針と糸が必要ということだね。


一度壊れたんだもの、今度は潔く太い首輪を買おうと思うけれど
柔らかくて丈夫そうで、見た目も自然に馴染むのってなかなか見つからない。
今はどうしているかというと、引き綱の持ち手のところを首にかけてお散歩している。
ちったがぐるぐるまわって綱がよじれさえしなければ、これでも十分。
早く頑丈なのを買おうね。


IMG_6124_s.jpg

ニックネーム こた at 20:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

一番の肉球

お散歩から帰ってきて、きれいにする足の順番は決まっている。

まず右前足。
そして左前足。
左後ろ足と来て、
最後に右後ろ足。

理由は分からないけれど、
この最後の肉球が一番好き。


IMG_6111_s.jpg

ニックネーム こた at 22:36| Comment(17) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

最近のコング

前回紹介した頃から毎日のように活躍してくれているコングくん。

当時はふやかしたフードを口に詰めていたのを、最近は蒸かしたさつまいもにしている。
これだとうちの寒い台所では常温でしばらく保存できるし、ごはんのたびに
レンジで温めてふやけるまで待たなくていい。


IMG_6089_s.jpg




まだだめですか、もういいですか。


IMG_6092_s.jpg





どうぞ、いいですよ。
セーターがこんなになっちゃうくらい、隠したコングを探して見つけて毎日大興奮だ。


IMG_6095_s.jpg

ニックネーム こた at 21:21| Comment(8) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

当たっちゃった、現生シール

ちったがうちに来た頃からお世話になり励まされている
実は密かに目標にしているジャム蔵くんのブログ
第7回となる現生シールの抽選会が行われた。

この企画はジャム蔵くんを筆頭にしたこんな集まり

『キャッチフレーズは「カワイイカオシテババンバン!」
参加資格は・・・

●我が家の犬はとーってもかわいい(飼い主ならあたりまえ?)。
●かわいいんだけど意外とババンバンである。
(おてんばとか、やんちゃ坊主とか、食いしん坊とか)』

のあゆぞうさんが、毎回当選者のお気に入り写真をかわいいシールに仕上げてくださるという企画。
ちったは今年の7月にやっとババンバンドッグ入りを果たしたから、
過去の抽選記事を読んではいいなぁ、と生唾を飲んでいた。

今回、待ちに待った日の到来、胸躍らせて抽選会に初参加。
そして何と、当選しちゃった。
結果発表を気長に待ちすぎて、あゆぞうさんから左の掲示板に
「見に来てね」って言われるまで気づかなかった。
あゆぞうさん、ジャム蔵くん、関係者の皆様、
いろいろとお世話になりながらとぼけていてごめんなさい。

抽選会の模様はこちらから見ていただくと
臨場感抜群で胸がどきどきしますよ。
(結果知ってたらそんなことないか。)
ちったの名前を探してね。

何と言っても抽選者であるジャム蔵くんの「こっち」のかわいいこと。
たまらん、生で愛でたい。
私の手に「こっち」ってしてほしい。
そして最後の「テイク」の技もすごい。
こんなことまでできるようになるんだなぁ。
ちったも努力あるのみだね。
悩みに悩んだ末、シールにしていただくために選んだ写真はこちら。

IMG_4480_s.jpg

はじめての広場で大興奮してひょおっとなっているところ。
私と遊ぶときはいつもこんな表情をしてくれるけれど、外で撮った写真にしたかったんだよね。


年の終わりにこんなにいいことがあると、来年もきっと良い年になると思える。
ジャム蔵くん、あゆぞうさん、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
シールの完成、楽しみに待っています。
皆さんも健康で、良いお年をお迎えください。

ニックネーム こた at 20:15| Comment(10) | TrackBack(1) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

ちったも染まる

夕焼け時。


IMG_6063_s.jpg



瞳の中の夕日が見えるかな。


IMG_6065_s.jpg

ニックネーム こた at 21:41| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

期間限定

クリスマスだからって意味もなく騒ぐのは好きじゃないのですが、
このブログの左側にある「タグフレンズ」(緑の芝生のあるところ)に
サンタクロースを見つけたら、クリックしてみてください。
終わりまで見てからうろうろすると楽しいですよ。

ニックネーム こた at 11:58| Comment(12) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

つんつるてん

もう今年は編み直さないかと思っていのに
あんまり皆さんにマフラーを褒めていただいて調子に乗って、セーターを編んだ。


IMG_6076_s.jpg




マフラーと同じ毛糸。
あと2玉しかなくて途中でなくならないか冷や冷やしたけれど、使ったのは1玉とちょっとだけ。




前回の設計図は複雑過ぎて、自分でセーターを編もうと思っている人との
情報交換に不向きなので大幅に簡略化。
おしゃべりなしっぽさんの編み図参照。
上が前回のもの、下が今回のもの。
IMG_6083_s.jpg




あまり悩むことなくちゃっちゃと編めたけれど、まだ改善したいところがある。
・なんとなくまだちょっと短い、でも裾がめくれあがる
 (おちょんちょんを覆わない限りめくれあがるのを防げない)
・もうちょっと上まで来て欲しかった、上半分をあと数センチ長くする




上のページを参照される方は、減らし目より上を編み図よりかなり長めに、
減らし目より下を短めに、前身ごろの幅を広めに取ることをお勧めします。
あ、ジャック体型の場合ね。
このページのハリーくんのように細身の子であれば、そのままで。
上のような不具合があっても私の編み図の方が簡単そうだと思われる方はご一報ください。
編み図をメールします。




ちったの寸法。
長さについては座っているとき、立っているとき、伏せて伸びているときと
まったくばらばらなのでおおよそ。
IMG_6084_s.jpg







今日も畑道を歩いていると、お年を召したご夫婦がビニールハウスを作っていた。
苗や種を植えたところに一本ずつ鉄筋を刺して、端から長いビニールをばさっとかけていく。




このひとつひとつのビニールハウスがそうやってこつこつと作られている。
IMG_6081_s.jpg




こうやって双葉の頃から世話をしているんだな。
天気の心配や、風が吹けばハウスの修理だって必要になるだろう。
そうしてようやく実ったものを収穫してもらって、食べているんだな。
ありがたいことだ。




今日もごきげんな散歩道だった。
IMG_6078_s.jpg

ニックネーム こた at 16:28| Comment(12) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

昨日の夜中

眠れなくて、ちったにマフラーを編んだ。
セーターはこの間作って、大きすぎちゃったんだよな。


今回の作品。
IMG_6051_s.jpg


見えるかな。
ちったの「ち」の字を白で編んだ。
何だか間延びしちゃったし、遊んでいるうちに前に回ってきたとき長過ぎて引きずるから
気が向いたときに編みなおそう。
いぬや赤ちゃんに作るのって、すぐに終わるから好き。



そんなわけで、散歩の後半はマフラーなしで。
ちったは他の子がそばにいなければ、こんなに長い距離の呼び戻しもできるよ。
画像が荒くて分かりづらいけれど、ふたつ並んだ人影の辺りから走って来てます。

(注意:音出ます)





ちったを撫でたとき堅く感じる毛は、どうやら死毛らしい。
指で軽く引っ張ると抜けるその感触がおもしろくて、3日前から集中的に毎日抜いている。
毎回山ほど抜けるし、部屋にはそれでも抜け毛が舞っているのだけれど、
まだまだ抜けたりないらしい。


今日の収穫。これを紡いで毛糸にしたいな。
071218_1403~01.jpg


それでも床の抜け毛は格段に減るし、何よりちったが気持ちよさそうに私の膝で
うとうとするのがかわいくて。
明日もまたしよう。飽きてなかったら。

ニックネーム こた at 14:44| Comment(16) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

今日あったこと

ここに越してきてしばらく。
夏の間は気にならなかったけれど給湯器の温度調節が壊れているようで、
最低温度でも熱湯が出てくる我が家、お水をたくさん混ぜれば冷たくなり過ぎるし
お水を減らすと熱過ぎる、の繰り返しだった。

修理を頼んだ挙句に留守だったり、部屋の中がすごく汚かったりもいやだなって
二の足を踏んでいたら、なんと老朽化のため、大家さんがすすんで交換に乗り出してくれた。

つまみをくるくる回す旧式から、リモコンも新しくなって。
IMG_6042_ss.JPG


何より温度調節で「ぬるい」お湯が出てくるのが嬉しい。
これでシャワーを使うたびに、やけどしたりくしゃみしたりしなくて済むな。
ありがたやありがたや。


ちったは今日も田舎道に行って、大変満足の様子。
めずらしくひとりで寝てくれてます。

IMG_6046_s.jpg

ニックネーム こた at 19:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

近道発見

笑ってしまうほど風が強かった今日。
どこまでも青い空の色に誘われて、行ったことのない散歩道を探索することにした。

うちの近くには操車場と言うのかな、線路が8本も10本もあって電車が休んでいたり
整備をしたりする場所がある。
夜明けに車体をきしませて列車の動き出す音に朝帰りを思い出したりしてなかなかの趣。


IMG_6036.JPG


ただ高架されていない線路のために、どこへ行くにも線路の上か下を行かねばならず
自転車をよく使う私は坂道にいつもため息。
古い時代、早くから電車が通っていたんだろうな。
ときには歩道橋にスロープがついていなくて、ひとつ手前まで戻る、なんてこともある。
地図を見るとそのやぎでも飲み込んだ蛇のおなかのように膨れた線路の束がなければ、
もっと早く駅に着けるはずなのに。
そしてその向こう側には、散歩にぴったりな田畑が広がっているのが分かっている。

今日の私はどうしてもそこへ行きたいのよ、と強い気持ちでとにかく操車場へ向かってみた。
もしかしたら抜け道でもあるかもしれない、と思って。

本当は立ち入り禁止らしいところを超えて行き止まりになったり、
線路沿いに歩いて戻ってみたり。

そうしたらしっかりあった、かんかんかんって警報機のない踏み切り。
何だか田舎ののどかな道みたい。
自分で左右の確認をして渡るのがちょっとどきどきして嬉しかった。
そして念願の散歩道にも到達。


(注意:音出ます)




なんだかそこで会う人はみんなのんびりしているのよね。
触ってもいいですか、って近づいてくださった人がいたり、
畑仕事をしていたおじいさんに、ちったが最初からものすごくなついたり。


風に目を細めるちった。
IMG_6039_s.jpg


さらにその踏切を通れば、駅にも早く着けることが判明。
嬉しいおまけもあって、強風の中出かけてよかったと思える休日だった。




ニックネーム こた at 19:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする