2007年12月18日

昨日の夜中

眠れなくて、ちったにマフラーを編んだ。
セーターはこの間作って、大きすぎちゃったんだよな。


今回の作品。
IMG_6051_s.jpg


見えるかな。
ちったの「ち」の字を白で編んだ。
何だか間延びしちゃったし、遊んでいるうちに前に回ってきたとき長過ぎて引きずるから
気が向いたときに編みなおそう。
いぬや赤ちゃんに作るのって、すぐに終わるから好き。



そんなわけで、散歩の後半はマフラーなしで。
ちったは他の子がそばにいなければ、こんなに長い距離の呼び戻しもできるよ。
画像が荒くて分かりづらいけれど、ふたつ並んだ人影の辺りから走って来てます。

(注意:音出ます)





ちったを撫でたとき堅く感じる毛は、どうやら死毛らしい。
指で軽く引っ張ると抜けるその感触がおもしろくて、3日前から集中的に毎日抜いている。
毎回山ほど抜けるし、部屋にはそれでも抜け毛が舞っているのだけれど、
まだまだ抜けたりないらしい。


今日の収穫。これを紡いで毛糸にしたいな。
071218_1403~01.jpg


それでも床の抜け毛は格段に減るし、何よりちったが気持ちよさそうに私の膝で
うとうとするのがかわいくて。
明日もまたしよう。飽きてなかったら。

ニックネーム こた at 14:44| Comment(16) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

近道発見

笑ってしまうほど風が強かった今日。
どこまでも青い空の色に誘われて、行ったことのない散歩道を探索することにした。

うちの近くには操車場と言うのかな、線路が8本も10本もあって電車が休んでいたり
整備をしたりする場所がある。
夜明けに車体をきしませて列車の動き出す音に朝帰りを思い出したりしてなかなかの趣。


IMG_6036.JPG


ただ高架されていない線路のために、どこへ行くにも線路の上か下を行かねばならず
自転車をよく使う私は坂道にいつもため息。
古い時代、早くから電車が通っていたんだろうな。
ときには歩道橋にスロープがついていなくて、ひとつ手前まで戻る、なんてこともある。
地図を見るとそのやぎでも飲み込んだ蛇のおなかのように膨れた線路の束がなければ、
もっと早く駅に着けるはずなのに。
そしてその向こう側には、散歩にぴったりな田畑が広がっているのが分かっている。

今日の私はどうしてもそこへ行きたいのよ、と強い気持ちでとにかく操車場へ向かってみた。
もしかしたら抜け道でもあるかもしれない、と思って。

本当は立ち入り禁止らしいところを超えて行き止まりになったり、
線路沿いに歩いて戻ってみたり。

そうしたらしっかりあった、かんかんかんって警報機のない踏み切り。
何だか田舎ののどかな道みたい。
自分で左右の確認をして渡るのがちょっとどきどきして嬉しかった。
そして念願の散歩道にも到達。


(注意:音出ます)




なんだかそこで会う人はみんなのんびりしているのよね。
触ってもいいですか、って近づいてくださった人がいたり、
畑仕事をしていたおじいさんに、ちったが最初からものすごくなついたり。


風に目を細めるちった。
IMG_6039_s.jpg


さらにその踏切を通れば、駅にも早く着けることが判明。
嬉しいおまけもあって、強風の中出かけてよかったと思える休日だった。




ニックネーム こた at 19:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

こいつめ

久々の更新なのに怒っていてすみません。
今日のところは写真もなしです。

ちったのやつ、呼んでも戻って来なかった、

夜公園に行って誰もいないときは、引き綱を外して遊ばせてもらっているちった。
広場の端から端まで対角線上でおいでの練習をしていると、いいよと放した途端、
ものすごい勢いで歩道に向かって行った。
これは他の子がいる印、暗くて見えないけれど散歩中の子が通っているはず。
呼んでも来ないかな、と思ったけど強めにこらって言ったら戻った。
えらかったねちった、ちゃんと言うこと聞けたね。

その後。
忘れた頃にいいよと放すと一目散に公園の外へ、もう何を言っても止まらない。
慌てて追いかけたけれどすでに結構な距離を走ってしまっていて、暗闇からよその子の悲鳴が。
飼い主さんがその子を抱き上げる頃ようやく追いついてちったを捕まえた。
必死で謝ったけれど、きっとその子にも飼い主さんにもいやな思いをさせてしまったな。
すぐにものすごい剣幕で怒ったけれど、他の子に会えた興奮でほとんど動じず。
そりゃ動じるまで怒ったけれど。

それにしてもこれでまた、引き綱なしの遊びはできなくなった。
せっかく呼んだらちゃんと来るようになっていたのにな。
まあそもそも引き綱を外すこと自体、やめなさいよって思う方もいるでしょう。
だけどね。
やっぱり自由に走り回る姿が見られるのは私としても嬉しいのにな。
でも呼んだら必ず戻って来るようじゃなきゃ、あの調子で飛び出して行って車でも来ていたら。
もう、ちったなんて知らないんだから。

そんなことしても何の関連付けも出来ないし無駄だと分かっているけれど、
今日は帰って来て足を拭く前、そのままの状態で玄関に待たせていじわるをしている私。

本当は私の教え方の問題なのにね。
はぁ。

ニックネーム こた at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

ちったがちっただから

目が合っただけで体全体が揺れるくらい尻尾を振るちった。

私の体調が悪いとき、少しでも動くと期待に目を輝かせて飛び出してくるちった。

もっと撫でてほしくて、爪先立ちでうーんってするちった。

急にじっとして、耳をそばだててひげをひくひくさせるちった。

ごはんが嬉しくて、部屋の中を飛び回るちった。

大好きな気持ちが止まらなくなると、延々と私の手を舐め続けるちった。

ぴっとりと寄り添って、安心しきったように寝息をたてるちった。

早く食べたくて何も言わないうちから、おて、おかわりを何度もしちゃうちった。

コングを隠すのを待ちきれなくて、準備したテーブルの下でいつまでもおすわりしているちった。

映画を見て泣いていたら、くうんくうんと言って涙を舐めにきてくれたちった。

訓練で意思疎通が出来たときの喜びも格別だけれど、
ちったがちったでいるだけで、いろんな幸せをもらっているよ。
いつもありがとうね。


IMG_5756_s.jpg

ニックネーム こた at 22:37| Comment(10) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

大好きなんだもんね

IMG_6025s_s.jpg


どこかでべったりし過ぎはいけないと読むたびに
そうだよね、お互いのためだよね、と納得するはずなのに、どうしてだったかすぐに忘れる。
べったりしたりこねくり回したりできないなら、
どこに飼っている意味があるんだろうなんて思ったりして。


IMG_6019_s.jpg


ほんとは心のどこかでいつも少し理解しているのだけれど。
ちったも幸せで私も幸せ。
堪えられないよね。たまになら・・・いいよね。


IMG_6011_s.jpg

ニックネーム こた at 21:25| Comment(10) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

いまだに

蚊が飛んでいる我が家。

今日ものんびりくつろいでいると不吉な黒い影が。
あの嫌な羽音を聞くまで見なかったことにしようとしたら、ほどなく近くにやって来た。

ぷーん。

あんな音出さなきゃいいのに。
血くらいあげるからかゆくしないでくれればいいのに。

耳をぴくぴく、首をくるくる。
私の膝の上で行方をずっと追っていたちった。

ぷうん、ぷうん、ぷうん、
かぷっ。

あーあ、食べちゃった。


IMG_4459_s.jpg

ニックネーム こた at 23:41| Comment(12) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ちったのことが

もっと分かったらいいのにと思う。

ちょんとお座りしてその黒目でまっすぐ私を見ていても
何をしてほしいのか分からない。

膝の上に座るのを拒否されてしょぼくれて頭だけをそっと膝に乗せてくるとき
どんな気持ちでいるのかな。

私が出かけていえでひとりになるとき、いったいどのくらい淋しいんだろう。

寝ているちったを私がそおっと撫でるとき、私の手だってちゃんと分かるんだろうか。

走り回って楽しいのに、それでもこっちへ戻ってもらわなければならないとき
何て言ったら納得できるの。

ちったがぴいぴい鳴いたとき、本当にいつでも、ただ無視をするだけしか方法がないのかな。

手や耳をぴくぴくさせて、鼻まで鳴らして見ている夢はどんななんだろう。

触れれば触れるほど愛おしくなって、接すれば接するだけ問題も出来て、
それをひとつ超えるたびにまたちょっと近づいている。
そうしたらまた分からなかったことも見えてきて、見えた分また難しくなることもあって、
楽しくなったり悲しくなったり嬉しくなったり。
努力なしで良好に保っていける関係じゃないけど
(自分じゃないものと接するときは本当はいつでもそうかな)
ちったと出会えて良かったと思ってるよ。
ちったがいなくたって生きてはいけるけど、私の人生はずっとまったく違ったものになったと思うよ。
未熟なところもいっぱいある相棒だけれど、これからもよろしくね。


IMG_4296_s.JPG

ニックネーム こた at 23:40| Comment(10) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

つばさドッグラン


柵の向こうは歩道をはさんですぐ海。
IMG_5946_s.jpg


つばさドッグラン情報。
行った日は土曜日、様々な種類のいぬがたくさん。
いろいろな子に会わせたいなら絶好の場所。
ボール使用は禁止されていない、ボールで遊ばせてあげられる分、時には取り合いも。
大小ふたつの区画。大きい方は疲れ知らずちったが全力で走っても
横断するのに5秒以上はかかるほど広く、
小さい方は本当に狭く、小型犬用というより子犬用という印象。
公園内に売店、自動販売機、トイレあり。
砂浜はバーベキュー・キャンプ場に近く、ドッグラン以外での引き綱なしは禁止されている。
初回に登録(無料)のために重要なふたつのこと
・当年度の狂犬病予防注射済票と鑑札のコピーをあらかじめ準備
・まずは地図上三角の管理事務所へ行くこと(丸がドッグラン)
IMG_5971pp.JPG

事務所にも用意されているという利用申込書はこちらでダウンロードして記入していくのが便利。





すごかった、いぬの種類・頭数。
(注:確認もないままに写真掲載、ご迷惑があったらご一報ください。)


トイプードル。
IMG_5942_s.jpg



毛を伸ばしたアメリカン・コッカー・スパニエル。
IMG_5950_s.jpg


この後マウンティングされてしばらくほうけていたちった、がうがうをお見舞い。
IMG_5949_s.jpg



これは何だろう。
IMG_5943_s.jpg



そのほか思い出せるだけでもイタリアン・グレーハウンド、チワワ、ダックス、フレンチブル、
コーギー、レトリーバー、黒柴、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ボーダーコリー、
ビーグル、ボルゾイ、ウェルシュ・テリアなど。
それって間違い、というご指摘があったらお願いします。




そして今日の目的だったジャックたち。
まずはお誘いの声をかけてくださったレイカムくん兄弟


思ったより甘えん坊だったお兄ちゃんレイくん。
IMG_5927_s.jpg



そして自由に放浪してはふらりと戻って来るカムイくん。
IMG_5935_s.jpg



ちょっとだけボールで一緒に遊べたヌピちゃん。
IMG_5933_s.jpg



長い時間抱っこされていた、ジャックくん。
IMG_5936_s.jpg



初めて会うのに名前が分かっちゃったぺこちゃん、
IMG_5939_s.jpg



家族のぱんちくん。
IMG_5938_s.jpg






ということで今までに3回会っただけのジャックに今日だけで6匹も会えた。





ここからは集合写真。
みんなよく動き回るから撮るのは難しい。



左に歩き去るぺこちゃん、手前がヌピちゃん、はだかがちった、そしてレイくん。
誰かの差し出した何かにみんなで注目中。
IMG_5934_s.jpg



みかんボールで遊ぶヌピちゃんとちった。
IMG_5953_s.jpg



レイカムママさんの差し出した何かに群がる
ヌピちゃん、カムイくん、ちった、レイくん。
IMG_5955_s.jpg



同じ構図でヌピちゃんちのののさんの影からジャックくんが。
IMG_5956_s.jpg



輪になってくんくんし合うトイプーちゃん、ぱんちくん、ちった。
IMG_5959_s.jpg



同じく輪になっているトイプーちゃん、ぺこちゃん、ちった。
IMG_5960_s.jpg



そしてこれが唯一ジャック7匹全部が写っている写真だ。
見事にばらばらだね。
IMG_5951_s.jpg



分かるかな。左からレイくん、奥からジャックくん、ヌピちゃん、カムイくん、
奥に重なってぺこちゃんとぱんちくん、ボールで遊ぶちった。
IMG_5951p_l.jpg





最初のちったの耳越しの海を臨む写真、右隅に写ってるのは
IMG_5946_s.jpg



ヌピちゃんだ。
IMG_5946n.JPG





走ってたね、ちった。
本当によく走った。

(注意:音出ます、ふたつ続きです、どちらも同じようなものです)








前述したようにかなり広いところにものすごい数(最高で30頭以上)のいぬ、
危険がないか、問題はないか、確認できる距離にいるために私も移動しっぱなし。
はじめてのドッグラン、ちったもできるだけ遊ばせてあげたいしと思って自由にさせ過ぎたかも。
気づけば4時間くらい、途中5分足らずの休憩を取ったきり。
次は私に歩調を合わせてもらおう。


帰りはヌピちゃんのおうちの車で駅まで送っていただき、レイカムママさんからは
おみやげもいただいた。
車の中でへたっていたいぬたちも、これが出てきた一瞬だけ興奮に目を輝かせていた。

手前の小さな袋はレイカムママさんが小春亭から取り寄せたばかりの手作りパンとクッキー。
あげるのが楽しみ。
IMG_5966_ss.jpg


行きの電車とバスの中では結局鳴き続けていたちった。
電車はうるさかったことで、バスは空いていたことで途中下車は免れた。
家までの電車ではぴいぴいはほんの一瞬、窓を上横閉めてきっとうとうとしていただろう。

今日行ってみて実感、ちったってものすごく移り気。

ニックネーム こた at 21:36| Comment(14) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

寒さ対策 ちった対策

とうとう暖房なしではいられない気温になった。
デロンギオイルヒーターの出番。

IMG_5919_s.jpg


今年のはじめにここに越してきて、当時もやたらに寒い部屋だった。
そしてまたヒーターを点けてみてはっきりしたのは、やっぱり冷たい空気が床の上を流れていること。

生協さんのカタログでサッシの手前に貼り付ける防寒板があって、
これいいなと思ったら発泡スチロール製。
ごみを増やしたくないからこの間ちったのキャリーバッグが入って来た段ボール箱で
自分で作ることにした。



これ。
IMG_5920_s.jpg


色気も何もあったものじゃないけど地球温暖化は何とか止めないとね。
それに効果はなかなかのもの。
カーテンの裾に手を当てるとはっきり感じられた冷気の流れが止まった。



でもまだ寒い。
部屋の反対側からも冷たい空気が流れてくるような。
玄関からの通路と居間の間になぜかドアがなくて、
そこに厚い布2枚を重ねて作ったカーテンをかけてあるのだけれどそこは布。
床にひきずるほど長くしていても隙間から冷気が流れ込んできているのを発見。
こちら側にも防寒対策を。
でもちったのトイレはトイレにあるから、ちったが自分で向こうへ行けなくなるのは困る。
そこでちった用のドアを開けて取り付けてみた。


最初はこわごわだったけど、慣れて勝手に通り抜けられるようになった。




もっと寒くなったらホットカーペットも出して、今度の冬は凍えずに過ごせるといいな。


こんなに寒いのにいまだに室内で蚊に刺される、今夜も蚊取り線香のお世話に。
こんな状態でフィラリアの予防薬、12月までで大丈夫なんだろうか。

ニックネーム こた at 00:55| Comment(13) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

アンダーコートはどこへ

ようやく涼しくなったというのに、これから寒くなるというのに、
抜け毛のおさまったちった、気づいたらふわふわの柔らかい中毛がなくなっていた。
そもそも抜け毛だって夏の終わり頃一番ひどくなって、体のところどころ
地肌のピンクが見えるほどになってしまっていた。


あるのは固くて太い毛ばかり。
IMG_5788_s.jpg


体中どこを探してもアンダーコートが見当たらない。
みなさんのおうちの子達、そんなふうになったことありますか。

ニックネーム こた at 16:46| Comment(18) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

キャリーバッグお披露目

前日、苦悩の末にせっかく届いたキャリーバッグの交換を決心。
変わりに選んだ品が今日無事に届いた。
ジャーニーマンさんの鞄屋さんの作った愛犬キャリーバッグ
結果、交換して本当によかった。
写真と今日一日使ってみた感想をご紹介。
クリックすると画像が大きくなります。
モデルのちったは頭のてっぺんまでの高さ40cm、背中までの高さ30cm、
鼻からしっぽの先までおよそ53cm、体重5.2kg。






昨日と同様、荷物到着からうきうきそわそわのちった。
箱を開けて早速見せる。









そう、ちったのだよ。
交換して良かった、納得の素材と色合い。
IMG_5796_s.jpg






素材は防水加工されたキャンバス。
IMG_5832_s.jpg







これが全体の姿。
しっかり独立してくれる。
しかも見かけほどには重くない1400g。
横幅:40cm 高さ:30cm マチ:20cm
最大に開くとおよそ28cm、これはちったが中で方向転換できる余裕。
IMG_5839_s.jpg





付属のボトルホルダー。
収納はそう多くないのでこれは便利。
ポケットは最大4cmのマチ、幅:12cm、高さ:15cm。
ふたのホックがちょっと止めづらい。
IMG_5798_s.jpg





ボトルホルダーをバッグに取り付けるカラビナ。
大きくしっかりしていて、他の用途にも使えそう。
IMG_5798_s.jpg





ボトルホルダーの大きさ。
高さ:18cm 直径:7cm弱
500mlのペットボトルだと頭が飛び出るかも。
IMG_5843_s.jpg





ここで肩ひもの長さを調整。
バッグの縁から縁までおよそ60cm、65cm、70cmに調整可能。
私は65cmで使ってちょうどいい。
バッグの上縁が胸の下の線、底がお尻の辺りになる。
IMG_5801_s.jpg





2本の肩ひもをまとめる機能つき。
肩のない私、特に自転車に乗る時やポケットから物を取り出す時など
これがないと片方のひもがずり落ちてとてもめんどうだから重宝する。
IMG_5802_s.jpg








上から見たところ。まだ少したたんだ折れ目で縮まっている。
IMG_5803_s.jpg






背側のポケット。薄いけれどう○ち袋5枚を入れてもまだ余裕で指が入る。
IMG_5805_s.jpg





片脇が開く。
交換する前の品の方が改善版で、両脇ひらくようになっている。
IMG_5806_s.jpg






脇のカバーを開いたところ。くるくる丸めてひもで止める。
IMG_5806_s.jpg






カバーなし、網の閉まった状態。
IMG_5809_s.jpg






網も開けるときは印の通りそれぞれ2か所をホックで止める(と思われる)。
IMG_5810_s.jpg







反対脇のポケット、これがこのバッグの最大の収納。高さ・幅とも18cm。
マチはないが余裕を持たせてあるので最高で5cmほどは開く。
写真は上面のネットを突っ込んだところ。
IMG_5814_s.jpg







上面のカバーを開けたところ。
IMG_5811_s.jpg






上面のカバーをひもで止めたところ。
IMG_5812_s.jpg






脇・上面とも開いた状態でいよいよちったに入ってもらう。
まずはおもちゃを中に置いて自分から入るかどうか。
IMG_5815_s.jpg





おっかなびっくり。
IMG_5816_s.jpg




決して後ろ足は入れない。
IMG_5817_s.jpg




おもちゃを取るとすごい勢いで出てくる。
IMG_5819_s.jpg






今度は脇を閉じて、抱っこして入れてみる。
もちろん素直にすわるはずもなく。
IMG_5820_s.jpg







バッグの底に落としたおやつを拾っているうちに網を閉める作戦。
IMG_5821_s.jpg




見事成功。網のファスナーは特にストッパーが強く、
ちったがこれ以上開けようともがいても止まって開かないから安心。
途中まで開けたときに網を止めるホックも付いている。
IMG_5823_s.jpg






網を全部閉じたところ。
IMG_5824_s.jpg






入ったまま脇を開けるとこんなかんじ。
ちったの頭のてっぺんまでの高さ、通常で40cm。少しかがんでいる。
穴の高さはおよそ17cm、幅は通常で13cm、押し広げると最大で17cmほど。
出入りはむりなくできる。
IMG_5828_s.jpg







中敷きは取り外し可能。表面素材はポリエステル。
中はクッションと板の二重構造になっていて厚さ1cm弱。
IMG_5830_s.jpg







飛び出し防止ハーネスを脇から見たところ。真ん中辺りに付いていて、
6cmから16cmまで調整可能(金具を除いた長さ)。
内側の素材はポリエステル。
IMG_5833_st.jpg





ハーネスの金具。両端に同じものがついていて付け根がくるくる回るので
中で動いてもからまる心配がない。
IMG_5836_s.jpg


IMG_5838_s.jpg






見た目はちったがおとなしくしていれば周りの人がそれと気づかないほど、
キャリーバッグのように見えないのがいい。
他にもいろいろネットや店頭で見てみたけど、これだけ欲しい機能が付いているものの中では
一番安かった12,000円(期間限定の可能性あり、通常価格20,000円)。
作りも縫製も素材も本当にしっかりしていて、便利に、気に入って、長く使えそう。
まだちったが入るのをいやがるので、毎日外に出るときはこのバッグを使って
早くバッグに入ればいいことが待っていると覚えてほしい。
そうしたらいろんなところに行けるようになるよ。





最後に。
昨日返品した商品の色が、どれだけ違うか参考までに。



これがホームページに載っている「ベージュ」
img10343229759.jpg



こちらが現物の写真をホワイトバランスを調整して撮った同じ「ベージュ」のバッグ。
パソコンの画面上でも現物とほぼ同じ色。
IMG_5791_s.jpg

ニックネーム こた at 22:41| Comment(7) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

2007年11月03日

かわりばんこ

私が撫でる、ちったは舐める。
ちったが舐める、そしたら撫でる。
気づいたらそうなっていた決まりごと。
みなさんのうちにもありますか。



今日のちった。


ダンボ。

ニックネーム こた at 20:16| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

わんわんわん

11月1日はいぬの日だったそうだ。
だからというわけではないけれど、思うところあってキャリーバッグを新調した。

今までちったのおでかけというとこれ。

IMG_5759_s.jpg

もとはハンモックも付いていて、前代のフェレット用だったもの。
ちったもこれに入らないことはないけれど、やはりお迎えのときと比べると窮屈そう。
それに持ち手だけで5kg超+1kg超を持っているのはかなりこたえる。
人間が私しかいないから、ちったが外に出た後何をするにも
片手にこのかごを持っているのはうっとうしい。
購入するにあたって籠の部分が外せるバギーと悩んだのだけれど、
これもちったが外に出ている状態での機動性を考えると現実的ではない。
バギー状のものの出番があるときにはかごをこんなの↓にくくりつけて代用することにした。

54505121.jpg




新キャリーバッグ、届いたらあっちこっち開いて写真を載せるのでお楽しみに。
そして今回高額品購入の動機となったのがこちらの催し物。






ぴんぽんぱんぽぉん。
業務連絡です。

連絡その1
12月22(土)、23(日)、24(祝)日に開催されるジャパンドックフェスティバル
開催地横浜は電車で1時間くらいとちょっと遠いけれど行く予定です。
パレードが楽しそうなので22日が有力ですが、
そのほかの詳しいプログラムが発表されたらまだ分かりません。
そこで。
行こうかなーと思っているさくら公園のおともだち、一緒に行きませんか。
行こうかなーと思っている皆さん、現地で会いませんか。
予定している日、または行ける日を教えてください。
せっかくだからなるべくたくさんのおともだちに会いたいと思っています。




連絡その2

きっとバッグを使いたくなるだろう、ということで電車で行けるドッグランを検索、
ドッグガーデン・ユーカリに遠征することにしました。
これまたさくら公園で会うおともだち、もしくは遠征できるおともだち、
一緒に遊びませんか。
私は自由業なので平日昼間も休日も、いつでも合わせられます。
行きたいなー、という方、ぜひご希望の日時をお知らせくださいませ。


追記:
もっと近場がありましたね。ビバホームもいいかな。
行ったことのある方、どんな様子でしたか。



みんなと遊べるのを、おりこうさんにして待ってます。

IMG_5756_s.jpg


ニックネーム こた at 03:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

できちゃった、ジャンプだっこ

一回だけだけど。
地上20cmくらいだったけど。
ふわっと宙に浮いたちったをがしっと私の腕がつかんだ。
ちったをだっこしたまま、いっぱいいっぱい嬉しいねをした。
まぐれだっていいんだ。
もっとずっと練習するもんね。




今日のちった。


こんなだったおもちゃが。
IMG_4781s.JPG





くるくるぴって縛ってあった縄が。
IMG_4780s.JPG










こんなになっちゃった。
IMG_5745_s.jpg


オスカルみたい。

ニックネーム こた at 20:47| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

新技 その後

ジャンプだっこの仕込みを始めてわずか数日なのに、
もう「だっこ」と言って右腕を叩くと、そこを目がけ(たつもり)で後ろ足で立って
ぴょんぴょんする。
私の反射神経がもうちょっと(ちょっと?)よければこの技は
早々に完成していたであろう・・・。
ちったと共に練習、練習。

それにしてもちった、言われて何かをするのが大好きだね。
「仕事をする」ことが嬉しくて仕方がないみたい。
それも今となってはちょちょいのちょいでできちゃうことは褒められても
大して嬉しくないみたいで、
できるかな、できた! ってときには目の輝きが違う。
最近はとんとご無沙汰していた「もう一回する」のりりしい顔も、
また見せてくれるようになった。
働いていた頃の先祖の血が、ちゃんと受け継がれているんだねぇ。
せっかく嬉しいんだもん、かあちゃんもっといろいろ一緒に挑戦できることを
見つけてくるからね。
K9ゲーム、やってみたいなぁ。


今日のちった。

いつも私が自分の用事をしているときは静かに寝て待っていてくれるちった。
ちょっとでも私が動こうものならそれが携帯の開閉程度の小さい音だとしても
流れの変化と受け止めてしゅたっとどこからともなく参上する。
そして・・・


愛情表現のなめなめ。
IMG_5733.JPG


大変素早い動きでぶれてます。
IMG_5735_s.jpg


上目遣いで私を見てこれは撫でろの要求でもあるのでそれはたまに聞き入れない。
(何でも思い通りになると認識するのを防ぐため)
IMG_5736_s.jpg


そしてしまいには・・・


あきちゃった。
IMG_5739_s.jpg


まだ遊ばないの。
IMG_5743_s.jpg


おねだりのつぼを心得ているね。
しかしくんくん鳴きをやめさせるためにも、たまには拒否することも必要だよね。
何だかんだ言って、まだまだ鍛錬の毎日なんだな。


私がね。

ニックネーム こた at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛換え

夏の間中ずっと抜け毛の激しかったちった。
胸の辺りは地肌のピンクがうっすら見えるほどになってホルモン異常かと心配したくらい。

涼しくなってようやく抜け毛の量が減ってきたなと思ったら、毛質までかわりはじめた。
まず全体に硬くなった。
ちったは見た目スムースとブロークンの間のスムース寄りという感じだったのが、
毛は短いままでつんつん、ごわごわの手触りになってきた。
そして下毛がない。
めくってもめくっても、表面の毛の内側にあるはずの柔らかい毛がまったくない。
これから寒い季節になっていくというのに平気なんだろうか。
毛換えが温度の変化に追いついていっていないのだろうか。

ちったのはじめての冬は子犬だったから、今回が成長しきってからはじめての冬ということになる。
ジャックの子犬はどの子もみなスムースに近い毛質で、
ちったも顔や手足などはブロークンみたいにぴょんぴょん毛が長く
それ以外の部分は完璧にスムースだった。


うちに来たばかり(4か月頃)のちった、全体にころころ
IMG_4329_s.jpg


もう少し最近のちった、口の周りがちょびちょび
IMG_4485_s.jpg


やっとちったの特性があらわれだしたのかもしれない。


その他にも毛の変化が。
まずは耳。黒くて結構太い毛が混ざるようになってきた。
見えるかな。
IMG_5732_s.jpg


そして頭のてっぺんのぽっちには、白い毛が。
IMG_5731_s.jpg


他の茶色の部分にも白い毛が多く混ざるようになってきて、模様が薄れていくみたい。
頭のぽっちは気に入ってるから、なくならないといいなぁ。

ニックネーム こた at 10:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

困ったちった

昨日の朝、先日の公園に行ったら
そこは入り口から向こうの角まで隙間なく、ゲートボール場と化していた。
公園なのに占有はずるいや、とも思ったけど、
共有施設は早い者勝ちかね、と思い直す。

夜はちょっと遠いんだけどお友達と会える公園へ。
ひさーしぶりに行ったから、また距離を取りつつのごあいさつからやり直し。
でもしばらくするとお互いを思い出したようで、おすもうみたいにして遊んでもらえた。

時にはちかづくだけで吠え出す子もいる。
そんなときはずっとちったを引っぱり離していたけれど、
いやと言われたら自分でやめるようになってほしいので、
あえてそういう子たちにもあいさつさせてもらう。
恐かったりいやだったりして吠えているのに
ちったが無邪気に向かってくる上に
飼い主さんからは怒られるんじゃたまらないよね。
でもちったが少しでもみんなと上手に関係が作れるように
ちょっとの間だけ、ちったに教えてね。

他の子たちと接するちったを見ると、
私にはどうやっても教えられないことというのがあるのだと痛感する。
もちろんむやみに怯えさせたり、傷つけてしまうなんていうのはよくないことだけど、
人間の社会の中で適応していくためのことと同じように、
他の子たちとの関係を上手に築ける方法を学んでほしい。


大変暗いけど、公園でいっぱい遊んでもらって
幸せそうな寝顔のちった。
IMG_5724_s.jpg

ニックネーム こた at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

いゃっほぅ

徹夜明け。
窓から見る家々に夜明けが余りにもきれいに映っていたので散歩に行くことにした。



早く行こうよ。
IMG_5672_s.jpg




久し振りに引き綱を外してボール遊び。
(注意:音出ます)




楽しいね。
IMG_5681_s.jpg



ちった走る走る。
IMG_5683_s.jpg



何度でも。
(注意:音出ます)





朝から元気いっぱい、いい一日になりそうだ。
IMG_5694_s.jpg

ニックネーム こた at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

月に一度のお楽しみ

と言ってもフィラリアの薬。



見た目は角切りジャーキーみたい。
IMG_5665_s.jpg


匂いもおいしいおやつの匂いだし、
これに薬が入っているとはみじんこほども思っていなかろう。
とぼけているから薬でもごはんに混ぜれば食べちゃう気もするけれど。



丸呑みすると消化されずに出てきてしまう可能性があるので、細かくちぎってから。
IMG_5668_s.jpg



手の向こうに見えるちった、封を切った瞬間からずっとこの格好で待っていた。
IMG_5670_s.jpg


建物の裏に薮があるためか、こんなに気温が下がっても
いまだに部屋の中で蚊に刺されることもある。
念のため12月までお薬、続けようね。

ニックネーム こた at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする