2007年06月10日

急ブレーーーーキ!!!


私とちったは新幹線道路、旧幹線道路、
そしてその間の抜け道があみだくじのように交錯するあたりに住んでいる。
運転手さんの心の声を想像してみよう、
みんな「この道の方が早いはず」と思っているはずだ。
とにかくみんなよく飛ばす、
交差点に入る手前の歩道を横切るときはスピードをそれほど緩めない、
狭い道路、歩道がなく歩行者が歩いていても、
すぐ横をものすごい速さで走りぬける。
危なくて仕方がない。

分け隔てた歩道があるだけまし、
と新幹線道路を自転車で長方形にぐるぐる散歩する私とちった。
もちろんわき道と交差するときは一端停止、
横断歩道があろうと右折車の運転手さんの目を見ることが欠かせない。
直進車の動きだけに集中している運転手さんは、横断歩道に突っ込んでくるのだ。
ぶつかったことはない、
でも早く渡れよとばかりにぎりぎりのところでブレーキをかけられては
さすがの私もよけようとしてふらついてしまう。
だって止まらなかったら困るもの。
頭の中で常に万が一車と接触するようなことがあったら、
どうやってちったをかばおうかと想像力を働かせている。

ちったのあれは本能なんだろうな。
どうしても自転車の前輪より鼻ひとつ前に出たいらしい。
もちろん歩きのときと同じように横につくよう教えているが、
実は前輪と併走する位置が、ちったの動きが確認できて一番いい。
はじめからそこに焦点を合わせると、
どうしても前へ出て行ってしまうので、
自転車ではなく私の横につくように教えているのだ。

様々な場面でちったにいて欲しい位置も変わる。
例えば細いところで人や車とすれ違う場合。
基本は後ろだが、あぶなげな運転をしている車が近づいてくれば、
少し前に出して座らせる。

さて困るのは、ほかにいくらでも余裕があるのに、
相手がなぜだかふらふらとこちらへ寄って来てしまった場合。
そんな動きは計算外だったからやむなく急ブレーキ。
ところがちったは急には止まれない。
自転車の前輪より、一瞬からだが前へ飛び出てしまう。

ひやりとする瞬間。
ふらりと近寄ってきたバイクも自転車も、よけられるぎりぎりの範疇が
自転車の前輪からだったりするからだ。
ちったは盾になる私も自転車もないところで、
わけの分からない軌道を描いて突っ込んできたものとの
衝突の危機に晒されるのである。

こう書いてくると、自転車の散歩、やめたら? と思うな。
歩いている人を追い越すと、
どんなに間があいてもびっくりされるときあるもんな。
「うわ、犬だ!」って。(私の心の声:えー)
全力疾走しているその姿に、恐怖を覚える人もいるようだ。
すずでもつけて、存在と、かわいさを増幅させてみようかな。
ちったにはかなり、うるさいだろうけれどな。

垂れ垂れ耳で、嬉しそうに走るちったの姿を思い浮かべると、
何とかやめずにいい方法を見つけたい。

そうそう、急ブレーキ対策としては、
ちったがきちんと併走しているときでも
たまにリードをちょんちょんと引くのがいいみたい。
「忘れるなよ、つながってるんだよ、
私が止まったらちったも止まるんだよ」

いきいきした姿も見たいけれど、安全が一番だよな。

ニックネーム こた at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはわーい(嬉しい顔)
自転車で散歩いいですね犬(笑)
ジャックにはそれくらいの運動量が丁度いいと思いますGood

私もやりたいんですが、今までやったことないので自転車に突っ込んできそうで怖い顔(汗)&二匹じゃ無理〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
という事でしてませんたらーっ(汗)

今は歩いて(走って)散歩していますが、
それでも横をスピードも緩めずにビュンと過ぎていく車(セダン)にはドキリたらーっ(汗)とします。

自転車の速度ならなおさらですね犬(泣)

車を運転する人も小さな者にまで気を配れるようになって欲しいですね。
だから私も最近歩道のない裏道では安全運転に心がけてます犬(足)
Posted by さつきママ at 2007年06月10日 13:31
こんにちはー!

歩きの散歩のときもあるんですが、
自転車でした日の方が、何となく後が楽なような。
おりこうさんでいてくれる気がします。

二匹だと、そうですよね。
お散歩というより、犬ぞりみたいな感じ。
こちらが出す指示100%聞いてくれれば
公道でももっとがんがん走らせることができますよね〜。

お散歩はほんと、この子達にとって、何か特別なものなんだなぁって最近つくづく。
だから余計に、もっと楽しく、できるだけたくさん、したいなって思います。
こちらの負担を減らすためにも、やっぱり練習、訓練、うちは必要です。

ちったが生まれたブリーダーさんのところは、ジャックが5匹、
スタッフォード・シャーブル・テリアというさらに強力なのが2匹、
合計7匹でわらわら散歩をしているので、近所では評判なんですって。
大変だけど、楽しそう。

さつきちゃんもれんげちゃんも遊びたい盛りですよね。
一緒に遊ばせてみたい!
一番大変なときで、一番かわいいときでもあると思います。
いっぱいいっぱい、楽しみましょうね!

追伸:運転手さんは「ぶつからないから」って思っているのでしょうけど、
生身のこちらはやっぱりこわいですよねー。
これからも安全運転でお願いします。
って普段犬連れで歩いていたりしたら、
そうそう人の横をすごい速さで走り抜けたりできなくなりますよね。

みんな、犬を飼ったらいいんじゃない?
Posted by こた at 2007年06月10日 14:22
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/878814
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック