2007年05月31日

ユニットバスにたてこもり

ぴいぴい鳴きは相変わらず。

散歩のとき、興奮のぴいぴい鳴きが下火になってきて
そんなにぎちぎちにすることもないか、と
多少鳴いても自分をごまかして進んでいたら、
それがちったには「鳴いたら言うこと聞いてもらえる」というふうに伝わっちゃったんだな。
また最近、鳴きがひどくなってしまった。

ユニットバスに入るとき、ドアを閉めようとすると
すきまに鼻を突っ込んで阻止しようとする。
おもしろいしかわいいけど練習だからねー、ということで
鼻を押しのけてドアを閉めた。

鳴き出した。

・・・・

出てこないのは声が小さいからかな?
ひらめきもっと大きな声で呼んでみよう。

まだ足りないかな?
カラオケじゃあもっと悲痛な声で。

おかしいよ、出てこないよあせあせ(飛び散る汗)
失恋淋しいよ、大変だよ顔(泣)

・・・・

落ち着くまでの一時間、決して居心地がいいとは言えない場所で延々と待つ羽目になった。
次に同じことになったときのために、小説を数冊、置いておくことにする。

おなかもすいちゃって大変だったけど、
トイレも一緒だからさすがに食べ物を常備しておくのはためらわれる。

ニックネーム こた at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/864752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック