2007年05月31日

断絶! 誤飲誤食

与えられたおもちゃ、食べ物以外を口に入れるのはいけないことが分かっていても
ついぱくっとやってしまう。

しかし傘の柄をかじった後にはやはり吐いていたことが判明、
一週間以上経った今でもフンに木片が混じる。

おとといの夜もイヤホンをかじった挙句、金属部分を飲み込んだようだ。
丸呑みしたとすれば直径1cmもある丸い板状のもの、
3度のフン、どれにも紛れて出てきていない。
これはもう、悠長に構えてなどいられない、今すぐにやめさせなければ。



場面その1:ぽとっと落ちたおいしそうなもの、これはもう習性

場面その2:気を引くためにわざと


対策その1:ものを置かない。
 テーブルの上は届くけれど99%足を乗せない(私が見ていなくても)。
 でも1%の可能性はある。
 テーブルの上のものはちったのものではないことを教え続けるとともに、
 触られたくないもの、危険なものは片付けるようにする。


対策その2:口に入れるのは指示を待ってと教える。
 ☆ダックスフンド情報サイト【DWL】参考
 1.おやつを手のひらに載せてちったの前に出す
 2.食べようとしたら手をグーにする
 3.こじ開けようとしても握ったまま、待ち始めたら手を開く
 4.そのまま食べようとしたらグーにする
 5.待ってこちらを見て、いいよの合図まで待てたらあげる

 4回くらいで覚えてしまったので、次の段階、床に置く、も練習。
 床におやつを置いて手で覆って、あとは同じ。
 普段おやつなんてほとんどもらえないから、結構あっさり覚えてくれた。

 (練習風景、画像かなり暗い、部屋が薄暗いから)




対策その3:ひとりに慣れさせる
 これが一番、どうしたらいいか分からない。

 犬がこんなにも注目を必要とする生き物だったとは。
 実家では外で鎖につながれていたものな。
 一日ひなたでぼーっとしていられるんだと思ってたけど、どうも違うみたいだね。

 人間の赤ちゃんのいるうちに行って、「こんなにおもちゃ、必要なわけ?」とよく言いたくなるけど、
 なるほど、気を紛らわせるためならいろんな手段を使うわけだよ。
 (いやもちろん、頭がよくなりますように、とか、他にもいろいろ理由はあるんだろうけどさ)

 こうやってパソコンに向かっていると、何とか気を引こうと
 わざわざパソコンの後ろに回りこんで「たっち」をするちったに
 思わずほほえんでしまったりするけれど、
 ここはひとつ、しらっと無視してみたりして慣れてもらうしかないのかな。

IMG_4754s.JPG

 無視すると今度は、前足の毛をむしりだすけどね。
 こんなにいつもべったりしてて、一体何が不満なのやら。


 おねだりしてもらった愛情はおねだりの結果だから、
 結局満たされなくておねだりが激しくなるんだよね。
 もっとこちらから、愛情をぶつけていかなくちゃだめなのかしら。
 でも話しかけても無視された、なんて思いはさせたくないしなぁ。
 「待っててね」って言って、待たせる練習、これかなぁ。



ニックネーム こた at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/863527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック