2007年05月23日

ちったのおもちゃ

最小限のモノしか与えない方針のかあちゃん、
ちったがいつも遊んでいるおもちゃ達。

IMG_4694_s.JPG
ちった語で「ball」と言ったらこれ。
中身は100円屋さんで3個入りのテニスボール。
そのまま遊ばせたらフェルトのけばけばを飲み込んじゃうから
履くと足が匂う顔(え〜ん)消臭効果を織り込んだ靴下に入れて口を結んだら
これが引っ張りっこをするのにちょうどいい。
ひとりで持ってかじかじもするし、噛みやすいように結び目を2つに増やした。
たまたま親指靴下だったから、うさぎみたいに耳がある。
IMG_4695_s.JPG

固いものをがりがりしたいときはこっち。
IMG_4696_s.JPG
ちった語で「toy」と言ったらこれ。
もとは窓用の二重ロック。外して窓のそばに置いてあったのを見つけて
大喜びで隠れて遊んでいたもの。
ロックはいくつかあるので、ひとつだけそのままおもちゃとして与えた。
かなり熱心にがりがりとやるから、有害だったりしないだろうかと
一時期心配したけれど、
噛み砕いて食べるわけじゃないし心配してもきりがないか、と勝手に納得。
いつでも遊べる状態にしておくと、こちらが寝ているときに床で遊んでうるさかったので、
いつもは棚の上に置いて、許可付きで遊ぶことになっている。

そして!
今日一緒にお買い物に行って、はじめておもちゃとして買ったおもちゃがこれ。
IMG_4697_s.JPG

広場で他のわんちゃんが持っていた、ぷうぷう音のするおもちゃに釘付けだったので
笛付きのゴムのおもちゃを買いに行った。
売り場でぴいぴい、といろいろ鳴らしてみると、もうたまらないといった様子で飛び跳ねる。
ボールよりも噛みやすそうで、一番音の大きいこれにした。
税込み500円くらい。レジに持っていく間も
「ちったのでしょ? ちったのだよね? 早くちょうだい!」と足元をうろうろ。
こんなに喜ぶなら、もっと早く買ってあげればよかったな、と思いながら
早速外の広場で遊んでみた。
噛むときも離すときもぷぅうとなるおもちゃに大興奮!
別のわんちゃんにみたてているかのようにフットワークを効かせて一緒に転げ回る。

が!!!

わずか5分で笛が鳴らなくなってしまった。
予期していなかったことではないけれど、ヒドい、ヒドすぎる・・・。
はじめて買ったおもちゃなのに、これじゃあんまりだ。
一生懸命噛んでみても、すぅ、すぅと空気の抜ける音がするばかり。
さっきまで鳴っていたのになんで?
壊れたことが理解できないちったは困惑して、
おもちゃの代わりにくうぅん、くうぅん、と言いながらいつまでも遊んでいた。

持って振ってみると、からからと何かが中で転がっている音がする。
悲しいよね。このまんまじゃおかないぞ。
かあちゃんが直してあげるからね、待ってろよ、ちった。

【これが好きの最新記事】
ニックネーム こた at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | これが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/852667
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック