2007年05月17日

日進月歩(今日のところは)

成果Clap

散歩中に鳴く回数が激減、昨日まで6回以上
 
が今日は2回、しかもほどなく鳴きやんだ!


・言うことを聞かないでいる状態に2種類あることに気づいた
 1.興奮し過ぎ右落ち着いた声でこちらを向かせて言い聞かせる
 2.気が向かない右同じことを何度も言っても無駄、
   おしりをぺんするなど多少手荒なまねをしてでもできるだけ早く言うことを聞かせる
   「おこっているよ」の表情をはっきり見せる


ただ鳴くのをやめさせるのではなく、鳴く原因の多くを占めていると思われる不安を取り除いていくため、関心がちったに向いていないことに慣れさせることにも重点を置いて生活。矛盾しているようだけれどいつでもただ無視をする、というのはやめることにする。一番の理由はやっぱりできるだけそばにいたいから。寄ってきてくれるのはかわいいし何より私自身ができるだけいっぱい触っていたい。今もとなりですうすうと眠っている、このぬくもりがたまらない。
もともと聞き分けが悪いわけじゃないから教えれば分かると信じて、遊んでーと来たときにはできるだけ遊んで、どうしても手が離せないとき、したいことがあるときは言って聞かせることにした。言葉を覚えさせるため、無視をするのではなく逆にいろいろ説明する。いつも私がどんな気分でいるかを気にしているということを意識する。顔色をうかがっているということになってしまうかもしれないが、母一人子一人の家の中、まだ7か月で広場ではようやくお友達ができるかどうかというところ、世界のほとんどが私で覆い尽くされている、この状況では当然のことと思う。どうせそのうち落ち着いて、嫌でも親離れしていく時が来る。それまでの短い間を、大変なのも含めて楽しもう。
そうは言っても私はパリス・ヒルトンじゃないしいつでもどこへでも連れて行くという訳にはいかないから、置いて行かれる、待たされることには慣れてもらわなければ。

本日の練習
・私がお風呂に入るとき外で待つ右鳴きっぱなし、出てから落ち着くまでほうっておく
・ごはんをどうぞした状態で15分間「Stay」右鳴いたので鳴き止み落ち着くまでしばらく待った
・私が玄関の外へ行ってすぐ帰ってくるの繰り返し右1秒と鳴かずに待てない。トイレに鳴きやむまで閉じ込める、1時間かかった
・ごろんの状態で手遊び(手をくわえる)もできないよう肩を押さえ込み、抵抗がなくなったら緩め、起き上がろうとしたら「まだ」と声をかけて押さえ込む、抵抗なくしばらくじっとできるまで右全部で30分くらい

ニックネーム こた at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こたさんのブログを読んで胸がジィ〜〜ンとしました。
すごい努力されているわ!!!
心を鬼にして頑張っている母のようです。

ジャックラッセルはとにかくしつけが大変と
散歩仲間の飼主さんがおっしゃってました。
もちろん個人差もありますし、同じ犬種がみんな同じというわけではありません。

どんな犬でも飼主さんと心が通じ合えば、必ずしつけはできます。
ウチもゆずが私のことを好きになってくれてから、
今までの悪サンボがうそのように別犬になっていきました。
もちろん今でも厳しく叱るときもありますよ。
私が怒っているとゆずは空気を読むようになってます。(犬に読まれてる。。。)

こたさんの頑張りを見て、ウチは最近ゆずに甘々だなぁ・・・と反省。
私も初心に戻って頑張らなきゃね。

そうです。
犬も人間の子供も一度の例外で、迷ってしまします。
家族全員がダメなものはダメ!がポイントです。
でも子育てに肩の力が入りすぎてもいけません。
「あなたのことを一杯愛しているのよぉ!」を伝える事が大切。
こたさんはもうお分かりのようですけどね。
一度ドッグランなどで、思いっきりちったちゃんを走らせてあげるのもいいかもね。
こたさんもきっと楽しめますよ!

ブログのテンプレート、ちったちゃん特製のようで可愛いですね♪

Posted by さくら@ at 2007年05月18日 10:42
さくらさん

そうなんです〜。
一番大変なのも子供のときかもしれないけれど、
何にでも興味があって、いろんなことしたくて、とにかく元気でっていう、
そんなのも子犬のときが頂点なんだろうから
抑制するばっかりじゃ親子ともどもせっかくの短い育成期を
楽しめないんじゃないかって思うんですよ。
嫌われるのがいやで叱るのを躊躇するってことは全くないですが、
愛情あってのしつけですよね。
ちったのこと大好きなんだよーってことはやっぱり知っててほしいので、
だから悩む、だから難しいとも言えます。
自分が子供だった頃の気持ちを、
思い出しながらいろいろ試してみてます。

この間はじめてドッグランではないんですが、
暗黙の了解で午後遅い時間からノーリードにできる広場に行って、
いろんなわんちゃんと遊んでもらってきました。
他の飼い主さんが投げたボールをみんなで追いかけたり、
めずらしいおもちゃをみんなで取り合ったり、
勝手に犬同士で走り回っていました。
たまに「楽しいよ」って言いに来る、
その時の表情のかわいいことといったら!
大型犬に混じっていてもだんとつの運動量で、
3時間飛び回りっぱなしでした。
訓練中のわんちゃんにちょっかいを出して
叱られたりもしてましたよ。
他のわんちゃんの「指導」の的確さには目をみはります。
車はないので自転車で片道1時間ですが、
今のところ他にわんちゃんの集まる広場も知らないのでまた行きたいです。
Posted by こた at 2007年05月18日 21:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/846340
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック