2007年05月16日

ちょっと違うんだよ

訓練におやつを使うと、それがないときにはてこでも動かない、そんなことになるんじゃないかという懸念からずっと敬遠してきた。
でも成長して行動範囲も広がり、「してほしくないこと」から得る被害も比例してふくらみつつあり、同時に「従ってほしいこと」が増えてほめたり叱ったりが目まぐるしく交錯し、いろいろありすぎてメリハリがつかなくなってきたのでとうとうおやつを訓練に使うことにした。

今までごはん以外のときに水以外何も口にできなかったちったはそれはもう大喜び。表情がたまらなくかわいい黒ハート思っていた通り、おやつがないならしないもーん、とか、したのに何でくれないの、とか、したらほんとにくれるのかよ、とかいうことは起こっているけれど、downやsitを教えるときなど即効性という意味で効果があるのは間違いない。食べ物が絡むと、食い意地のはったジャックはとんでもない集中力を見せる。
ただ何か出来たら必ずいわし、てな水族館のオットセイのようになってしまっても悲しいので、そこはほめてつかわすとか、おやつが出ないこともあるのだよと諭すとか、信頼関係と犬ならではの頭脳にも一役買ってもらうことにする。オットセイとは犬ほど信頼関係を築けないだろうってことじゃなく、単にオットセイと一緒の布団で寝る人はあんまりいないだろうな、ってだけのこと。行動を共にする機会が多い分、私だってちったのことを信頼できでなくっちゃあいろいろ大変ってことだ。

飴を導入したのだからやっぱりムチも。酢を水で薄めたスプレーできゅんきゅん攻撃に対抗する予定。

おやつに効き目があるのは確かなんだけど、もらえるかも知れないと思うと興奮しちゃって、指示の内容に関わらずかたっぱしから自分のできることを披露して見せたりもするちった。かわいいんだけどねーたらーっ(汗)

ニックネーム こた at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 成果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/844555
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック