2009年11月07日

思いもよらないこと

想像してほしい。


あなたがずいぶんルールを覚えて、最近野球が楽しくて仕方がない5歳くらいの子供だと。



ある日、いつものように楽しみにしている練習に行ったときのこと。

バッターボックスに入ると「今日は打ったら3塁に向かって走るんだぞ」、と言われる。

ずっと同じだったはずのサインが急に変えられたようで、コーチからの指示が理解できない。

打って走ってベースを踏んだら、落とし穴が掘ってあった。



もしそんなことが立て続けに起こったら、私なら泣きべそをかくだろうと思う。
混乱して、悔しくて。
もう野球なんかやらないもん、とすねてしまうのは間違いない。



10月初旬の救助犬訓練で、私はこんな経験をちったにさせてしまった。
捜索の間はきちんと捜すし発見もするのだけれど、何か焦点がずれているような、
いつものちったではないようなおかしな感覚が消えなかった。
ただ普段とは別の方にご指導いただいて、「そんなことは今まで一度も言われたことがないな」とか、
「今はそれをちったに望む時期じゃないんじゃないかな」などと内心思いながらも、
出される指示を次々にこなしていく以上の余裕は私にはなかった。



そして迎えた一週間後の訓練で。
ちったは訓練を始めて1年で、初めて「誤報」をした。





IMG_6474box_s.jpg


こんな箱を2つ並べてどちらかひとつだけに人が入り、後から行って匂いだけを頼りに、
どちらかを判断して吠えるという捜索の基礎練習。
9月頃の時点ではとにかく捜索に対する集中がものすごくて、私が指示など出さなくとも、
出発地点へ行けば「やるんだやるんだ」と首輪をつかまれたまま大騒ぎをしていたちったが、
この日は久々に捜索を途中で放棄し、勝手に走り回りもした。
それでも何とか捜索中であることを思い出させたら、
人の入っていない箱に向かって吠えた。


ちったにしてみればきっと、吠えれば捜索を終われるから、と確認もせず適当に吠えたのだと思う。
私はとても悲しく、そして申し訳ない気持ちでいっぱいになった。


あんなに捜索を楽しみにしていたちったが、あんなにはっきりと
「ぼくはこれ、やりたくない」と言うなんて。
たった一日の訓練の間にわずかなずれや不信感を積み上げてしまうことで、
私はちったの一番の楽しみを奪ってしまったのだと思ったら、
帰りの電車の中で涙が止まらなかった。







IMG_7990_s.jpg







一言で「救助犬の訓練」と言っても、いろいろなやり方、考え方がある。
そのどれが一番いいとか、どれを選ぶかとかいう以前に、
今のちったと(特に)私は、様々な方法を試してみる時期ではないのだということが
身に染みて理解できたできごとだった。


普段見てくださっている先生も素早くちったの変化を理解してくださり、
2、3少し変わった遊びをすると、もう後は11月まで、
訓練に関わるようなことは何もするな。
ボール遊びくらいならいい、とにかく頭を真っ白にしてやれ、と言われた。


私はもちろん言いつけを守り、私の感情の変化を敏感に感じ取るちったのため、
できるだけ訓練のことは考えないように、ただ毎日ちったをこねくりまわして
のんびりして過ごした。







IMG_7984_s.jpg








訓練のことを頭から追い出すのは、余裕の振りをこれもちったのためにしていたけれど、
本当のところ容易なことではなかった。
何しろ11月1日に、一年に二度しか開催されない試験を控えていたのだから・・・。

ニックネーム こた at 00:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 災害救助犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わんちゃんに過剰なトレーニングさせていると感じてますよね?
だったら、もう止めた方がいいですよ。
ブログ読んでても楽しそうな様子ないのですもの。
トレーニングより大事な事があるはずです。
それを思い出してください。
Posted by まり at 2009年11月07日 11:21
♪まりさん はじめまして♪

ご心配くださって、ありがとうございます。

過剰な訓練などとは思ってもいないですし
してもいないですよ。
ちったは体力もあるし、身体能力も高いし、
何より非常に頭のよい子だから、
ただお散歩をしたり、ドッグランで走り回ったり
旅行へ行ったりするだけでは逆にストレスが
溜まってしまいます。
人間でもそうですけれど、持っている能力を
生かせないと
鬱憤がたまってしまいますよね。
犬だって同じことだと思います。
何が大切か、というのはそれぞれの個性によって、
本当に多種多様なのではないでしょうか。

ちったは自由に走り回って、
五感のすべてと頭脳を使うこの訓練を
体いっぱい楽しんでいますよ。
私が悲しいと感じたのは、そんなちったの楽しみを、
私の不注意と実力不足で一端台無しにしてしまったからです。

関東圏にお住まいなら、ぜひ一度私たちの訓練に
遊びに来てみてください。
訓練が必ずしも無理強いであったり、
犬にとってつらいこととは限らないと
お分かりいただけると思いますよ。
Posted by こた at 2009年11月07日 23:25
ちったくんもこたさんも、今まで頑張ったと思いますよ♪
人間の考え方が変わるのと同じで、犬だって成長するし、楽しかったことが急につまらなくなったりすることもあると思います。
訓練が大好きなちったくんだったのでしょうけれど、続けるうちに、楽しみを越えてしまったのかも知れないですね。

訓練でなくても、お散歩をいっぱいしてあげるとか、いっぱい遊んであげるとか、有り余ったエネルギーを使う方法はたくさあるんじゃないかなと思います。
私は、とにかく、たくさんお散歩して、一緒に走って遊んで、たまに新しい芸(?!)を覚えさせたりしていますよー。ディアナはちったくんみたいに賢くはないけれど、それなりに喜んでガウガウしています。笑

こたさんが、色々と悩んでいる様子をちったくんは敏感に感じているのでしょうね。飼い主が楽しければ犬も楽しいし、飼い主が悲しければ犬も悲しいし・・・。
ちったくん、ちょっと寂しそうなお顔をしているなぁ、と最近のお写真見て思っていました。
訓練以外の楽しいことが、ほかに見つかるといいですね!

こたさんも、いっぱいの愛情を持って接してあげているのだから、賢いちったくんは、それだけで、幸せを十分に感じていると思います!
そう考えれば、試験なんて、どうだっていい・・・って、思えてきませんか?
冒頭の、「ちったがいればそれだけで。」
それだけ・・ですよね、ほんと。

あんまり自分を責めないで、考えすぎないで、ちったくんとの楽しい時間をのんびり過ごしてくださいね!

例えば、チェロを弾いてあげたりとか!!
ちなみにディアナは、ベートーヴェンが大好きなんですよ〜。(踊り出します。笑)
Posted by mumukau at 2009年11月08日 20:28
♪mumukauさん こんばんわ♪

暖かいお言葉、ありがとうございます。

なんだかみなさんにご心配いただいてしまって、
長くなっても解決しました、ってところまで書くんだったと
ちょっと思っているところです。

「訓練」って言ってもそう特別なことではないんですよね。
むしろちったにしてみれば、「自分で考えて自分でできる」ことに
喜びを見出しているわけで。
私もだから、ちったが嫌なのに訓練や試験なんて
受けさせる気は毛頭ないですから、
「試験に受かるかどうか」で気をもんでいたのではなくて、
訓練の意義について考えていました。

結果的にはいつもと違うやり方を私がしてしまったから
混乱してすねていただけで、捜索自体が嫌になったわけではなかったです。
でも悩んでいたのは事実だから、
つられてちったもしょんぼりしていたのは間違いないかも。

結局いつもより長くお休みをしていたら週末になるとうずうずしはじめ、
それならと連れ出し「いいから遊んでおいで」
くらいのつもりで送り出すと、
生き生きと走り回って臭いを拾い、吠えていましたよ。

mumukauさんのおっしゃるとおり、考えすぎちゃったら
よくないですね。
私はちったに何が一番いいかを考えているつもりが、
ちったにしてみたら、私が楽しいがどうかが
一番なのかもしれませんよね。
いいえ、今回の一件でそうなのだと確信しました。
これからは、楽しいことだけやっていくことにします。

ディアナちゃんはベートーヴェンで踊りだしますか。
私のチェロは弾いて「あげる」ってほどのものでは
まだまだないですね。
やっと逃げ出さないでそばで聞いてくれるようになったな、って
程度です。
生でプロの演奏が毎日でも聴けちゃうなんて、
ディアナちゃん、贅沢だなぁ。
私もmumukauさんのヴァイオリン聴きたいな。
Posted by こた at 2009年11月09日 19:42
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1886033
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック