2009年11月02日

不安定な足場の自主訓練

ちったの大きな課題のひとつ。
それがいろんな足場に慣れること。

何かに夢中になるとすぐ吹っ飛んで行くくせに、足元がぐらついたりすると躊躇する。
家の中でもたまに箱や物を積み上げて、
わざとその向こうに大好きなおもちゃを放ったりして慣れる練習している。
だけどその情景を載せてもただの散らかった部屋だから、
ベランダでの自主錬の様子をご覧ください。







まずこんな重しをふたつ置き、


IMG_7913_s.jpg







その上にプラスチックのなみなみ板を渡す。


IMG_7911_s.jpg







さあどうだ、勇気を出して歩いてみたまえ、と思ったら、








IMG_7908_s.jpg


植木鉢の向こう側を迂回した挙句、きゅうりのネットにひっかかり。







とうせんぼだぞ、


IMG_7909_s.jpg








と置いたぞうさんじょうろすらも避け、さらに奥にあるプランターの自然薯の上を歩き
再びこんなことになり。


IMG_7914_s.jpg







さらに進入禁止のダンボールを追加するなどの後、ようやく観念して板に足を乗せる。

が。




(注意:音出ます)








・・・そうきたか。
まあそうだよね、その方が断然簡単だもんね。


さらに障害物を増やして仕切り直し。
何度目かの挑戦でようやくこんなふうに体全部を乗せられるように。



(注意:音うるさいです)







まだまだおっかなびっくりだけど、よくがんばった。
忘れないうちにまた作って、練習しようね。

ニックネーム こた at 19:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 災害救助犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すご〜い!Clap
ちったくん、やりますね!
飛び越えてしまうちったくんも好きですが。笑
Posted by mumukau at 2009年11月03日 16:09
♪mumukauさん こんばんわ♪

お褒めの言葉、ありがとうございます。
ちったにとってあの上を歩けたというのは、
結構すごいことです。いやぁ、偉かったな。

今になって思えば、飛び越えたのこそちったらしいですね。
それでも助走も飛び越えたこちら側も場所がなくて、
しかも1m超の距離なんてまさか飛ぶとは。
おもちゃをあげるまでの間の、私の心の葛藤をご想像ください。
飛べたのはすごいよ、だけど目標はそこじゃないんだよなぁ。
そして無言でたまごちゃんを渡すという。

予想外のことが起きて対応に戸惑ってしまった。
ご指導いただいている先生には、
「犬の3歩先まで考えるんだよ」って言われます。
まだまだ修行が必要です。
Posted by こた at 2009年11月03日 23:23
♪mumukauさんへ 追伸♪

ディアナちゃんじゃない方のブログに
mumukauさんが書いていたことで、
たくさんコメントしたい記事がありました。
ディアナちゃんの方はわりと頻繁に覗いていたのですが、
すっかり見過ごしてしまいましたよ。
ドイツと対戦したヨーロッパの国との現在の関係とかね。
日本の諸外国への対応の仕方については、
私も同感です。

「終戦記念日」も、私は「平和祈念日」に名前を変えたら
いいと思っています。
起こってしまった悲劇は事実であり、
教訓にすべきことはあるけれども、
もうこれ以上、引きずるべきではないと思う。
Posted by こた at 2009年11月03日 23:32
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1881861
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック