2009年06月19日

待つの練習

「どんな状況であろうとも、
一度待てと言われたら、それが解除されるまで動いてはいけないのだよ」を
仲間と揃って練習中。



IMG_7617_s.jpg







なぜちっただけがとても手前にいるのか。
それは他の子よりずっと、簡単に動いてしまうからである。
動くことが生きがいのちった、こんな草原であまり無理やりに長く待たせて、
待つこと自体をいやなことと覚えさせないため、
他の子より早くに回収するためとも言えるかも。


その子にとって難しいことを教えるときは、まず絶対成功する環境を作ってあげる。
できたらすぐ褒める。
できたことが難しかった分、たくさん嬉しい思いをさせてあげる。
できないのはこちらの準備不足なのだから叱らない。
そうやって「いやだなぁ」とか「むずかしいなぁ」とかを、
「楽しいこと」にすりかえる。


その回路ができたら少しずつ進化させる。
失敗するなら進むのが早過ぎ、確実にできるところまで戻って繰り返す。







IMG_7615_s.jpg


何が苦手かを知るのが、成長の第一歩なのだよ、ちったくん。

ニックネーム こた at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーー久しく行ってないぞ、クンレン場。
改めて、こうやって並んでいるワン達を見ると、良い緊張感がありますな。
ここで、クンレンされると言うよりは、いろんな状況や考え方を犬なりに学ぶ、と言う場なんだな〜なんて、新鮮に考えてしまいました。
やっぱりクンレンしてないと、ダメだわ。
弛んだど〜なつ犬に、愛の「晴れ」を〜。
Posted by マリちゃん at 2009年06月24日 02:12
♪マリちゃん こんばんわ♪

いいよねー、かっこいいよねー。
実際やってる間は、そんな雰囲気を楽しむ余裕は
私にはまだないわけですが。

そうなんですよね。
犬の自主性を大切にしたいからこそ、
ニンゲンの技量が問われるのかも。

訓練、待ち遠しいよね。
てるてるくんに鈴をつけて「よろしくね」ってお願いしているから。
今週末はぜひ、溜まりに溜まった鬱憤を晴らそうよね。
Posted by こた at 2009年06月25日 21:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1765225
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック