2009年04月29日

おいしいを待つ心

日頃の練習の成果も次第にあらわれてきて、
カフェなどという場所で私に余裕も出てきた今日この頃。


IMG_7586_s.jpg






練習というのは、「待つ」ことを「おいしい」に結びつけるとともに、
「おいしい」を「待つ」ことと結びつけるということ。
できないがまんはさせない。
それは際限なくあげるということじゃなく、待てば必ず何かが出てくると
短い短い時間からとにかく確信を持たせるということ。









もう犬連れの公共の場所だからとやみくもに心配をすることが少なくなってきた私でも、
驚くのはこの方の「おいしい」に向かう姿勢。


IMG_7590_s.jpg






「出ないなら 出るまで待ちます いつまでも」と言うか。
「来るなのよ マリちゃんのおいしい 向こうから」と言うか。


IMG_7589_s.jpg






「待つ」ことと「おいしい」がこれほど強固に結びついているのもすごいなと。
まぁちったの場合は一番嬉しいことというのが動けることだから、
待っておいしいをいただいた上に、
その後外で遊びもするということで帳尻を合わせたりもしているわけだけれど。









姿勢を変え、場所を変えても、ただひたすら待つのです。


IMG_7588_s.jpg






後姿だとそうでもないけれど、
こうして表情を見ると違いが一目瞭然。
ちった、まだまだだね。


IMG_7587_s.jpg

ニックネーム こた at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1720794
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック