2009年01月12日

ちったとトイレ その後

以前の記事

11月 5日 大勘違い
12月10日 トイレ 順調に混乱中


乳幼児育て中掲示板など読むと、みなさんオムツ卒業にはかなり躍起になるものなんだなぁ、
そのうちできるようになるからまあ、のんびり構えていた方が親も子も精神的に楽なんじゃないの、
なあんて思うのだけれど。
それが自分のうちで起こるとなんであんなにがっかりしたり頭に血が上ったりしちゃうんだろう。
そもそも私、どういう経緯でご用はお手洗いでって覚えたんだろう、なんて
便器に座って考えたりしてみた。

思うにその過程を覚えていないから、なぜこんな当たり前のことを失敗しちゃうんだろうって
きっと無意識に考えてしまうんだろうな。
それでさも大事のように大騒ぎしてしまうんだろう。


人間の場合は衣服着用が当然とされているとかその他いろんな問題もあって
どこででも「ちょっと失礼」ってするわけにはいかないのだけれど、
それは概念ってものがあるからそう納得しているのであって
そういったものを持ち合わせていないちったには私の感覚とは別に、
「いい」と「だめ」にそれぞれ理由が必要なんだな。


そんな感じでトイレでしたらいいことがあると精力的に刷り込んで2か月あまり。
はっきりしたのはどうやらトイレを忘れてしまったわけではないらしいということ。
こちらの都合に合わせてくれているんだよね、という考えの下、
失敗しそうな状況をことごとく排除していったところ、
ちったがトイレ以外でするのは「すごく嬉しいとき」とか「すごく心細いとき」とか
とにかく感情がどこか一点へ強力に傾いたときに限られることが判明した。


もともと感情は余すところなく爆発させるのがちったの特徴。
喜び狂う姿とかかわいくてたまらないのでそれを抑えるつもりはない。
かと言って嬉しいからってご飯の支度を始めるたびにその辺でされても困るから、
現在私が料理中のちったはこんな感じ。



台所にキャリーバッグを置いて待っててね中。
IMG_7099_s.jpg





それから万が一トイレ以外でしたときに備えて、片づけが楽なようにしておくのも一手。
最近これはいい、と気に入っているのが除菌消臭スプレー。
パルマローザという種類のアロマオイルを使って自分で作る。
かなり強力、しかも安全。
その場しのぎにスプレーしたクッションを、枕にして寝てしまっても気づかないほど臭わなくて
後でどれだったか判定に困るほど。
どこでされても痛手が少ないと意識するだけでも気持ちに余裕が出て、
その方が解決策に十分頭を使えると実感。
育児も育犬も、楽しまなくちゃ損だよね。



※ ちなみに私が子育てしたときは、保育園に行ったら自然にトイレで
  できるようになりました。
  保育士さんが努力してくださったとかいうことでもなくて、
  どうやらパンツにしちゃっても長時間放って置かれるので
  不快なあまり解決策として編み出したようです。
  ご参考までに。
  ちなみに私の子供じゃありませんよ。

ニックネーム こた at 21:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、同士。頑張っていますな。
我が家も『危険な場所』に彼を一人で置かない。 というポリシーで臨んでおりますが、その為に同行を求めた私のトイレの足元でやらかしてくれまして〜
トイレから出られない〜〜〜
ますます試行錯誤に日々でございます。
さて、これが楽しめるかっ…
楽しむぞ〜!!  うううっ
Posted by ぺぐこ at 2009年01月13日 14:59
♪ぺぐこさん こんばんわ♪

良かれと思って工夫したらそう来るか、ってことの連続ですよね。
相手は決して裏をかこうと思ってしているのでは
ないのですけれどね。

実は「楽しんでやるぞ」の精神はぺぐこさんから
譲り受けています。
ブログの記事にすることも最初から計算に入れているような
姿勢がいいです。
これからも本家本元として、がんばり過ぎないで
楽しんで、そして記事にしてくださいね。
肩の力を抜いて、頭を使うのだ。
Posted by こた at 2009年01月13日 23:19
おはようございます。
いかがお過ごしですか?


今日は、こたさんのレメディーの知識に
甘えて お聞きしたいことがあって来ました。宜しくお願いします!

アトピーなどがあり、病院で処方されている
お薬があっても レメディーを使用することはできるのでしょうか?(ワンちゃんの場合です)

もしご存知でしたら、教えて下さい!!
どうぞよろしくお願いします。

PS:普段失敗はほとんどない我が家のプードル達も、ヒート前後は失敗します。
ちなみに 偶然なのですが、今朝 ヒートでもないのに 二人とも失敗していました(笑)。

こたさんのおっしゃるとおり、我プーたちの失敗おしっこマークも何らかの感情 OR メッセージが残されているように思えます。



Posted by しー at 2009年01月19日 09:51
♪しーさん こんにちは♪

私も飲み続けている薬がありましてレメディも使います。
処方されているお薬と併用してもその効果を軽減させたり
副作用を増幅するようなことは今のところ起きていませんよ。
逆にお薬を少なくできる助けには、いろんな意味で
なっているかもしれませんが。
お答えするので数冊書物も確認しました、
やはり安全・無害・副作用なしという点が強調されていますね。
問題ないと思います。
動物に使う場合は防腐剤として入っている
アルコール・酢・グリセリンなどの味が好まれないことや
それらへのアレルギー反応にも注意を、
万が一にも使用後よくない変化が現れれば中止し、
また口径だった場合には耳の間や両肩の骨の間に落とすように
するとよいとのことです。
レメディ自体がエネルギーなので、パソコンやレンジなど
電磁波からは遠ざけて保存してね、とも書いてありました。
なるほど。

ここからは私の考えですが、フラワーレメディは
木漏れ日の日光浴を瓶詰めにしたようなものなので、
細かいことは分からなくても、何だか知らないけれど
気分が良くなったり元気が出ることがあるとしても
それで何かが悪化するようには働きかけられないのでは
ないでしょうか。
唯一あるとすればそれ自体に対するアレルギーですが、
精製過程を考えるとアレルギー反応を起こせるほどには
植物の成分が含まれていないように思えます。

ご質問をいただくと、知識の幅が一気に広がるといつも感じます。
自分だけでしているとどうしても、同じ範囲ばかりを
さらうようになってしまうんですよね。
使うレメディの種類もそうは変わらないし。
他の人がどんな場面で試そうとするのかとか、
それを聞けるだけでも勉強になって嬉しいです。

私たちだってその前中後は体やこころが
自分でもびっくりするほど敏感になったりしますものね。
どんなことを伝えたいにせよ、おしっこを失敗すると
私たちの気を引けると分かっているところが
まずすごいなと思います。
ボノちゃんゲンマイちゃん、揃って粗相だなんて、
逆にほほえましく思えてしまいますね。
Posted by こた at 2009年01月19日 15:43
こたさん 早速のお返事 本当にありがとうございました!
なるほど、防腐剤として入っているアルコールや酢などへの
アレルギー反応には注意が必要なのですね。
わかりやすく、説明してくださり、本当にありがとうございました。

いろいろと調べてくださったみたいで
ありがたく思っています。

電磁波からは遠ざけて保存・・・という豆知識も
嬉しかったです♪

ヒート・・・

ほんと 私たちも前後敏感になりますね。
女性の身体は不思議なことが沢山!

今朝のボノ・ゲンマイ面白いでしょう?(笑)
揃って場所間違えるなんて
酔っ払いみたい(笑)。
Posted by しー at 2009年01月19日 16:38
♪しーさん こんばんわ♪

酔っ払いかぁ。
うん、そう言われるとそんな感じも。

防腐成分への反応と言っても、アレルギーよりは
味が好きじゃない、という方が多いと思います。
私のにはブランデーが入っていて、原液のまま舐めさせると
いやそうにしますから
蜂蜜小さじ1/3くらいでごまかしています。
食べ物に混ぜるのはあまりお勧めしない、とのことだから、
その都度お水で薄めてもいいのかも。

アレルギーでお薬を使っているのは、
ボノ・ゲンマイちゃん達じゃないんですよね。
いずれにしても身体的症状より、いらいらしているとか
落ち込んでいるとか、犬の気持ちのところを憶測して
使ってあげてほしいです。
人間も困ったときとか考えるときに、大してかゆくもないのに
頭をかいたりしますよね。
犬も同じで、欲しいときに飼い主さんの気を引けなかったり
思い通りにいかないことがあったりすると
かゆみとはほとんど関係なく、かきむしることがありますよね。
だからそのあたりの感情を緩和させてあげられれば、
もしかしたらかく回数も減るかも。

それにアレルギーの原因は様々ですが、ひとつには
免疫系の働きがあります。
いわゆるストレスを受け(続け)ると免疫力が
下がることが分かっていますから、
その子がこわがったり、気にしすぎたりしていることがあれば、
それを緩和してあげるのも、長い目で見たら
助けになると思います。

それからできれば飼い主さんも、飼い主さんの感情で
強く出ているものを突き止めて使ってもらうと
さまざまな方向から効果が起こると思いますよ。

私自身半信半疑で使っているし、ちったに至っては
効果なんて全く分からなくて、
レメディから少し離れていました。
今回ご質問をいただいてあらためていろいろ読んでみたら、
私の考え方とか実践していることと
繋がる部分が見えてきました。
もしかしてもっと、可能性が潜んでいるのかも、と
また興味が湧いてきましたよ。
近いうちに「氣」を使うことを一部とした
健やかになる工夫を記事にしたいと思っています。

せっかく起こる変化だもの、
楽しく寄り添っていきたいですよね。
Posted by こた at 2009年01月21日 23:41
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1627327
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック