2008年12月27日

丸呑み姫仕様 特製ごはん

ちったも丸呑みはする。
前に載せたトリモモも、長さ5cm超幅3cm超、私の手の平からはみ出る大きさを丸呑み。
さすがにそれは大き過ぎるだろう、いつおえっとなるだろうと緊張していたのに、
何時間経っても何ともない。
体内も上手に通過したみたいでう○の出来栄えもよかった。

ただそれだと「食べた」という満足感に欠けるんじゃないかと。
骨の割合がもっと多いとちまちまと前歯も使って長い時間嬉しそうにしているのだから。
肉は細切れや薄切りでも、生だとどうしてもくっついちゃって一塊になってしまうから、
少しでも食べがいがあるように工夫する今日の献立は、
巷に溢れるらしい丸呑みなお嬢様おぼっちゃまを
いつか接待する日にも役立つかなぁって。






本日のお肉の部、牛薄切り。

IMG_6985_s.jpg








一枚一枚を手でちぎっていく、こんな感じに。

IMG_6986_s.jpg










肉だけだとくっつきやすいから、お野菜と混ぜる。
人参とほうれん草のみじん切り。

IMG_6981_s.jpg





さらにお肉がばらばらになるようにいつもの亜麻仁油を加えて和える、サラダの要領。

IMG_6989_s.jpg









鮭のカルパッチョ、紅色の鮭が2切れ一緒に口に入ると分量誤ったな、って気分になりませんか。
・・・ならないか。
ま、そんな私はそういうことが起こらないように丹念に和えます。

こんな感じ。

IMG_6995_s.jpg









これ、何かを連想させる・・・・何だっけ。


















これだ。

IMG_6996_s.jpg














食後の別腹。
消化吸収の弱いちったには、それを助けるために自家製ヨーグルト。
これも消化にいいんじゃないかと思われる、ビール酵母を一緒に少し。


IMG_7004_s.jpg







姫を乗せたかぼちゃの馬車到着までこのまま置いておけそうになかったので、
今回はちったが全部食べました。
生ものなのでね。


(注意:音出ます)










なお、普段生肉生野菜を食べ慣れていないお嬢様お坊ちゃま方には、
微水調理やスープ仕立ても承れますのでご相談ください。

ニックネーム こた at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1608706
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック