2008年11月30日

すごかったね ちった

きれいな晴空の下、私たちは試験会場にいた。
まさか自分がそんなものに参加しようとは、半年前にも考えていたかどうか。

好奇心旺盛でいつも目をきらきらさせているちった。
そのわくわくをずっと持ち続けてほしいな、そのために私にできることは何かな、と
考えている中出会った訓練という選択。
何のことはない、ちったと私の間で決まりごとを作って遊んでいくことで、
今まで散らばってそれぞれにおもしろかったことが、ちったの頭の中であれもこれも繋がって、
ちょっとどこから行っても楽しいんですけどこれどういうことでしょう、となるように
回路を作り上げていくというだけのこと。

これから受けていくことになるいくつもの試験もその過程に過ぎない。
とは言え舞い上がった。何が大事なのか少しの間見失った。
そして目に見えるように、音でも聞こえてきそうにちったがぐんぐんと成長した、
そんな日だった。


まずは服従初級。全行程紐付き。

・横をぴったり付いて歩く。直線2〜30歩を往復。
・直線途中まで歩いてお座り、待てさせて対面、呼んで来させて自分の左横に座らせる。
・同じ要領で伏せ、待て、来い。
・高さ10cm程の木板を飛ばせて待てさせて自分が犬の右横に移動して座らせる。

紐付きだから、いざちったが言うことを聞かなかったりしても修正が効くという安心感。
座れ待てで私につられて一瞬動きそうになったものの再びの待ての合図で難もなく。
驚いてしまうのは、ジャンプを何のためらいもなくできるようになったこと。

ほんの2か月ほど前までは障害物を見るとどうしても避けて歩いてしまって飛ばなかった。
飛べないんじゃなくて横を歩けば済むのに何でわざわざ飛ぶんだろう、
と不思議がっている様子だった。
そのことを訓練でマリちゃんちのおかあしゃんに話すと、車の中にあったステッキで
ちったの身の丈に合った障害物をその場でしつらえてくれて、横を通れないようにするといいとか
最初は少し離れた場所から歩いて一緒に飛ぶといいとか教えてくれた。
それで一緒にぴょいって飛んで、すごいねーって喜んでいたのが昨日のことのようなのに。
今は障害物の前へ歩いていくと、飛びたくてうずうず、もういい?って私の顔を見るようになった。

それに元を辿ればこの犬は、
散歩中信号待ちで立ち止まるだけで早く行こうと鳴き始め止らなかったのだった。
それが短い距離とは言え、横に付いて歩くのが当然とばかりに立派にやり遂げた姿、
あの頃の私たちに見せてあげたいなと思う。
服従初級、合格。

ちったがもっとすごかった様子はまた後で。

ニックネーム こた at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害救助犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1591581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック