2008年09月11日

ちったにレメディ

昨日フィラリアの薬をもらいに獣医さんに行ったら、
何と体重が5.3kgに。久々の5kg超え、嬉しいぞ。
ここのところ特にフードの量を多くしていたわけでも、以前のようにミルクなど
追加していたわけでもない。
おそらく暑さや何らかの要因で胃腸が活発でなくなり、そういうときには吸収も悪くなって
体重が増えないか減ってしまうのだと思う。
今回の夏は胃腸の調子もずっと普通で、そうなれば自然に体重もちったの
標準くらいまでは増えるんだな。
暑さに強くなってくれて何より。


さてこの度、去年の末入手、数か月使った後放棄したフラワー・レメディを再開することにした。
当時飲用していたのは私だけ、今回はちったも一緒に使ってみることにする。


使っている私が言うのもなんだけれど、レメディって怪しい。
傷ついた動物が必ず同じ種類の植物の茂みに座り込んでいるのを見かけたことから、
植物に付着した水の雫に傷を癒す力があるのではないか、という視点がはじまりとか。
そして植物の「波動」を水に転写させたものがレメディだという。
私自身レイキというものを扱ったりもするし、科学で証明できなくても
見えない力はあったりするだろうと考える。
ただレイキは使うと体感できるのであやしいと思いつつもあることを実感できるのだけれど、
レメディはそもそもが劇的に効くというよりは、気づいたら気になることが
大して気にならなくなっていた、という効き方だから、
前回数か月使ってみても実感するのは難しかった。
確かにここが気になる、という部分は薄れたり消え失せたりしたのだけれど、
なにせ一日に数回、数滴を飲む、という摂り方だから、その結果がレメディのものなのか
他から来るものなのか、相乗的なものなのか、非常に分かりづらい。


私としては直接的な結果云々よりも、一週間か十日程ごと、
新しくレメディを調合するときに、
自分の感情を客観的に見て、それまでを振り返る機会を持つことが、
変化に気づくいいきっかけになっているのではないかと思っている。
だいたい劇的に効くものに限って他で無理があったり、副作用が出たりするもんだ。


今回調合したのはVervain(バーベイン)とWhite Chestnut(ホワイト・チェストナット)。
30ml容器8分目くらいの水にそれぞれ4敵ずつを入れ、ストックボトルを作る。
飼い主と飼い犬は同じレメディを必要とすることが多いという、私とちったもその例に漏れず。

私の理由
Vervain:確固とした信念があり、それを周りにも強要する。
White Chestnut:思考が止まらず頭が休まらない。

ちったの理由
Vervain:ひとつのこと(遊び・おもちゃ・特に私)にこだわり過ぎる。
White Chestnut:いつも何かに気を取られているようで落ち着きがない。


そもそも前回ちったにまったく使わなかったのは、私のいろいろが治まれば
ちったのいろいろは自然に解決していくと感じていたから。
今でもその思いは変わらないけれど、最近あまりにも淋しそうだったりするので
試してみることにした。
いぬは人より反応が出るのが早いらしい。
私はストックボトルから日に数回4滴ずつを飲み、ちったは飲み水の入れ物に数滴たらした他に、
私が摂るとき欲しそうにするのでたまに舐めさせる。
レメディは一応摂り過ぎはないということになっているからいいか。
たくさん飲んでも防腐剤替わりに混ぜてあるブランデーで酔うくらいだろう。


書いたとおり効果の程は半信半疑なので、できるだけたくさんの人の
試した話を聞きたいと思っています。
(最初から狂信的に信じている人の話を聞いても参考にならないから。)
もし試してみたいけれどいきなり一瓶買うのはちょっと、と思っている方がいらっしゃいましたら
別ブログ「こたのこうさてん」よりMailにてご連絡ください。
人間用・いぬ用共、試してみたいレメディを調合して無料でお分けします、
使用後のボトルだけ送り返してくだされば。
こんなことが気になって、どのレメディがいいかな、などのご相談も楽しいですが、
私は基本全種のレメディを揃えているだけの
ただの素人であることをお忘れなく。
安全については私の体で証明済みですが効果の程同様、
何があっても責任は取れませんのでそちらもご了承の程を。


レイキは遠隔という方法で直接会わずして送ります。
3、40分、ゆったり寝転んでいる間に送ると、体が温かくなったり
くすぐったく感じたり、時には抑えていた感情が出て
涙が止まらなくなったりします。
通常は氏名と所在地がないとだめ、などと言うようですが
私は日時さえ決めればあとはあだ名でもハンドルネームでも送ります。
届いているようです。


「こたのこうさてん」、まったく開かないので
そちらからメールくださった場合には、ちったの散歩道にも
その旨書き込みをいただけると間違いないです。

ニックネーム こた at 21:40| Comment(14) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです♪
実は私も レメディーを使っています
たま〜にですが
生理前に 朝方目が覚め その後
眠りがあさくなったりしていたので
レイスキューというのを 試しています

最近になって このフラワーレメディーというのを 知ったのですが 実際どのくらいの
効果があるものなのか 実際使用してても
わからないんです(苦笑)

段々効果が薄れるっていうことも
あるのかな・・・?(身体がなれちゃうのかな?)

Posted by しー at 2008年09月12日 13:50
♪しーさん おひさしぶり♪

分からない、ですよねー。
起こる変化は「気のせい?」の域を超えないんです。
効果があれば安くて手軽でこんなにいいものはないのですけれどね。
気の持ちようって言われても釈然としないし。
今回使ってみた結果、またご報告します。

ざっと調べたところによると、耐性がつくことは
レメディではないとされているようです。
朝方目が覚めちゃうって何だか悔しいですよね。
いろいろの組み合わせが原因なのでしょうけど、
いつでもぐっすり、翌朝すっきり、になれるといいですよね。
Posted by こた at 2008年09月12日 14:55
お久しぶりですよね ほんと
お元気そうで 何よりです〜

私も色々と試したいと思っていたので
また 参考話が聞けると嬉しいです
ありがとうございます!

副作用はないと やはり(私が使用している
レメディーのパッケージ)書いてあるし
安心して使えるという意味では
嬉しいんです

生理前 おトイレが近くなる私・・・
どうしても それで 目が覚めちゃう><

そんな時 レメディーを シュッシュっと
舌にスプレーしてます

また私の方でも何か情報が入りましたら
お知らせに伺います!

Posted by しー at 2008年09月12日 20:07
こんにちは!

レメディーって、初めて聞きました。読んでみて感じたんですが、もしかして、ホメオパシーみたいなものでしょうか・・。違っていたらごめんなさい。ホメオパシーは、ドイツでは普通にお医者さん(一般医)の治療でも、盛んに使われているんですよー。自然療法、とても人気があります。

ちったくんもこたさんもきっと一生懸命に頑張っていらっしゃるんでしょうね。全てがよい方向に向かいますように、お祈りしています♪
Posted by mumukau at 2008年09月12日 21:47
♪しーさん ふたたびこんばんわ♪

なるほど、トイレが近くなってしまうのが
直接の原因なのですね。
私は今レメディは気持ちの方向からしか気にしてみていないので、
今度から体の働きに関しても効用を気にかけてみますね。

人と情報交換しながら使ったら、また新たな発見もあるかも。
ちょっと楽しくなってきました。
Posted by こた at 2008年09月12日 22:20
♪mumukauさん こんばんわ♪

一瞬どなたじゃ、と思いましたですよ。
お名前変わったんでしたね。

そうそう、私一素人の知識では、レメディは
ホメオパシーの一種です。
ホメオパシーではお砂糖の結晶か何かに浸み込ませているものを、
レメディーでは薄めた液体の状態で使います。
有名な基本のレメディの他に最近では、
イルカや熊などの動物物や、富士山の波動など
こうなってくると何が何だか、というものもあるようです。

ドイツでは確かホメオパシー、
代替医療として認められているんですよね。
mumukauさんはお試しになったことがありますか。
Posted by こた at 2008年09月12日 22:50
コタさん♪
度々 お邪魔しますグッド(上向き矢印)しーです♪
先ほど コタさんからの コメントを
拝見して とっても とっても興味があることで 本当に嬉しかったです!!


ありがとうございます

ところで・・・チャクラ知っています!
ヨーガでは「チャクラを開く」
っていう言い方をよくします

生理前に使用している レースキューの
話に戻りますが ロック・ウォーター早速
探してみたいと思います

コタさんのように レメディーの
情報交換してくださる方がいて
本当に良かったです!

私にとって 睡眠はとっても大事で
生理前は変な時間に おトイレで
目が覚め 疲れやすくなってしまう・・・
レメディーで そういう時の気持ちの
高ぶりを落ち着かせる事が出来たら
生理の時の一日の過ごし方も変わってくると
思います

余談ですが 生理前になると
妙に食べたいものが増えます(笑)
面白いですよね!




Posted by しー at 2008年09月12日 23:13
♪しーさん ふたたびようこそ♪

私自身、レメディにしろ西洋医学にしろ、
ひとつのことに傾倒しすぎてしまうのはどうかな、
という姿勢でいるので、参考にしていただけたらくらいの
つもりでいました。
余計なことを、とならず良かったです。

私はどんな不調も、からだからの信号だと思っています。
必要以上にトイレに行きたくなるのは、膀胱が
もっともっと動こう、完璧にやろうという無意識を受けて
働きすぎているとも受け取れる、と言われると
なるほどそうかもと納得できてしまうのですがいかがでしょう。
気持ちの高ぶり、とおっしゃいました。
レメディーではその原因や、それに寄り添っている感情によって
別の種類を使ったりします。
いきなりロック・ウォーターだけに絞らず、
よろしければ以下を参考にしてみてください。

四角張って完璧を要求してしまうなら・・・ロック・ウォーター(Rock Water)

予定や思い通りにことが運ばないといらいらしてしまう
(Hates dalay or hesitation)なら・・・インパチェンス(Impatiens)

確固たる信念の強さの余りがんばりすぎてしまう・・・
バーベイン(Vervain)

いつの間にか思考が頭に入り込んだり、巡り止らなかったりして
目の前のことに集中できない・・・
ホワイト・チェストナット(White Chestnut)

いずれもいつもわりと活発で、たまにその活発さが
行き過ぎてしまうことがある、という前提で選んでいます。
これが見捨てられる不安、や漠然とした不安から
気が付けば働きすぎている、ということであればまた
違った種類が上がってきます。
いろいろあってかえって迷ってしまうかもしれませんね。
私の知識でよければ、いつでもご相談くださいね。

私も生理前は、普段よりよく食べるようになります。
私の場合は、お腹の辺りにぽっかり開いたように感じる穴を
埋めたくて食べるのじゃないかな、と分析しています。
Posted by こた at 2008年09月13日 14:35
コタさん こんばんわ!
色々と詳しく教えてくださって
ありがとうございます!

絶対 どこかに 香港にも パッチフラワーのお店があるとは 思うのですが 探しきれなくて っとある ショップの片隅で
偶然 レメディー(レースキュー)を見つけ・・・
*女性為のサプリが沢山おいてある コーナでした♪

それも 最近でしたので こうやって
色んなことを教えてもらえて ありがたいです ありがとうございます

でも ほんと コタさんがおっしゃるとおり
毎日同じ体調で過ごせる人なんて いませんし なんらかの不調も体からの信号だと思えば 受け止め方も変わって来ますね 

コタさんのご好意に甘えて ひとつ質問があるのですが 例えば 
何種類かのレメディーをそろえて その時の
気持ちによって 使い分けるような 使い方をしても 大丈夫なのでしょうか?

それとも1つのレメディーを使っていくほうがいいのでしょうか?

それから 私の場合、不安になったりするような 気持ちはあまり持っていません

生理前はお昼でもおトイレが多くなるし
膀胱がとにかく 働いている〜っていう
感じは確かにします(笑)

朝方たとえおトイレで目が覚めたとしても
普段なら すぐまた眠れるのに
生理前だけそのまま起きちゃうことも!
もしくは ベットの中で わざと
それこそ あの”しかばねのポーズ”を
とることもあります(笑)

きっと なんでも 働きすぎ!になりすぎる
のかな? うん。

女性は一生かけて経験する 女性ホルモンの移り変わりを 1ヶ月に一回ある生理によって 勉強しているって言いますよね

それでも レメディーなどを上手に利用して
生理前とも 上手にお付き合いしていけたらなと思います
コタさんに相談に乗っていただいて
ほんと よかった〜
これからも どうぞ 宜しくお願いします!!


PS:お腹がぽっかりあくって何かカワイイです 女性の身体は本当にミステリー♪

PS:うつ伏せになって 力を抜きりラックスできたんですね!! ヨーガのポーズに”ワニのポーズ”という名前の アーサナがあります うつ伏せのポーズです

人それぞれ 体調や身体も違い 事情も違う中で 同じポーズを気持ちいいと誰もが同じように気持ちいいと感じるとは 限らないんです コタさんのように 自分の体と自分の気持ちがいいポーズを見つけられること それが・・・・ ヨーガです!
素晴らしいです♪









Posted by しー at 2008年09月13日 19:26
♪しーさん ようこそ♪

ふふ、何だかとっても楽しくなってきましたね。なるほど、レスキューは他のものに混じって、たまたま売っていたのですね。

レメディーではよく「玉ねぎをむくように」という言葉を使います。自分で気になっていたり、良くない表面にある感情を説明して、それを緩和・消失させてくれるレメディを選んで使います。80mlのミックスボトルに水と、レメディ4滴ずつを入れ薄めたものを、起きたときと寝る前含めて一日4回以上飲みます。希釈することでは効果は変わらず、逆に特に早く変化を起こしたいときは、頻繁に摂るようにします。そのようにしてミックスボトルが終わる頃(10日〜2週間くらい後)にもう一度自分の感情に向き合ってみると、例えば理由も分からずいらいらしていたものの、原因となりうるものが浮かんできたり、それを待つまでもなく、自分で気づいたりします。

それが起こった場合には、さらにその時一番気になったり、問題を引き起こしている感情に焦点を当てるので、当然違う種類のレメディを選ぶようになります。同じいらいらだけれどその原因が変わったとか、いらいらが取れてみたら淋しさが残ったとか、それを「玉ねぎをむくように」と言うんですね。

それからレメディはまた、ブレンドして使うこともあります。6種類までは許容範囲ということで、もしあれもこれも気になったら
それを全部入れたミックスボトルを作ってみて、ひとつふたつでも消えた感情があったらその部分を入れ替えていくとか。ただあまりたくさんの種類を混ぜない方が効果は高いと言われています。

また何にしても原因の分からないもののためにいらいらしている、というような場合には、その原因に顔を出してもらうためにアスペン(Aspen)を使うという方法もあります。

きっと気が高ぶって働きすぎちゃう、それを自分で制御できない、そんな感じじゃないでしょうか。だったら上の書き込みに挙げたものの中から気になるもの、しっくり感じるものを選んでひとつずつもしくは混ぜて使ってみてはいかがでしょう。

http://www.pass-thyme.com/guide/pitari.asp

こちらでは簡単な質問に答えて、今必要なレメディーをいくつか挙げてもらうことができます。説明も詳しくてお気に入りです。もし使ってみたいものは分かったけれどなかなか手に入らない、ということであれば、こちらでブレンドしてお送りすることもできますよ。税関を通るのかだけがちょっと心配ですが。前に書いたとおり、いろんな人に試してもらって感想をもっともっと聞いてみたいと思ってるんです。

そうか、自分の気持ちいいことを探していってもヨーガなんですね。
これからも決まりきったポーズで気持ちよくなかったら、
自分でいろいろ試してみようと思います。
「それがヨーガです」 清々しい言葉をありがとうございました。
Posted by こた at 2008年09月13日 21:56
こたさん お世話になります♪
しーです!こんばんわ〜!!

なるほど 「玉ねぎをむくように・・」ですね
とっても 説明が分かりやすかったです!

レメディー良いですね!
上手に生活に取り入れたい!

自分のことを見直せるという きっかけにも
なりますね まさに こたさんがおっしゃっていた
”変化に気づくいいきっかけになる”という事と
同感です♪

ブレンドも6種類まではOKという事ですが
やはり 1つか2つ・・・くらいまでが
いいのかもしれませんね

お勧めしてくださった サイトにて
質問に答えた結果 こたさんが
参考にあげてくださった 「ロック・ウォーター」
が 私にお勧めのレメディーという
結果でした!!

早速 香港で 探してみることにします
こたさんに丁寧に説明してもらい
話を聞いてもらえて 非常に嬉しいです!

まだまだ 沢山話したい気持ちです♪
それから あの お酒のような味は
ブランデーだったのですね
勉強になります!!



PS:こちらに送ってもらえると言って頂いて
非常にココロ強いです!!
香港でまず探してみて また ご報告に
伺います!! こたさん 本当にありがとうございます!

ヨーガの話も共有できて 嬉しかったです♪
Posted by しー at 2008年09月13日 23:43
♪しーさん こんばんわ♪

今まではひとりでああかなこうかなと試していただけだったので
お話できて楽しかったです。
例えばミックスボトル付きのカウンセリング、となれば
せっかくだからあれもこれも入れてもらおう、となりがちですが、
自分でゆっくり試してみるならひとつかふたつづつ、が
私もいいと思います。
相乗効果もあるかもしれないけれど、やっぱりあまり一編に摂ったら
どれが効いているのやら、ってなってしまいそうですよね。
ブログでお話交換では歯がゆい感じもしますが、
もっといろいろお話したいです。

ヨーガ、私ももっと取り入れていきたいんです。
精神と肉体と、両方から取り組むというのが
私にとってとても理にかなって、自然なことなので。
ただもうここまで成長しきってしまって体をどこか痛めると、
治りが遅いだけでなく癖になってしまうんですね。
それでしばらく体が動かせなくなるのでは元も子もないので
無理をしない、を第一にいろんなことを組み合わせてしています。
それにしてもヨーガ、ピラティス、均整と試してきて
これだ、というものがないのも淋しい。
しーさんのブログも参考にしながら、自分なりの方法を見つけたいです。

実は長期間服用中の西洋のお薬がありまして、
やめることはとても出来ない状態なのですが副作用が酷いことと、
ここへ来て長年薬の悪いものが蓄積されたようで
それはもう目も当てられないという状態になっていまして、
何とかぎりぎりまで減らしてはいるのですがこれを
代替できないかと目論んでいるところなのです。
漢方もしばらく使いましたが思うような効果が得られず
今目をつけているのはメディカルアロマです。
ただこれも自然に近いものと言っても効き目がはっきりしているというのは
強いということで、レメディーの方が心地よさそうかな、という感じです。
時間はかかっても、本質を改善していけるような気がして。
これからも情報交換、ぜひぜひお願いします。
Posted by こた at 2008年09月14日 19:52
こたさん おはようございます!

香港も 日本と同じで 今日も
お休みなんですよ♪天気もとてもいいです!

それなので 今日はちょっと 遅めに起きました♪

こたさん 私の方こそ レメディーについても
こうやって 実際に使っている方、ましてや
私より ずーっと知識がおありになる こたさんと
お話できて 本当に嬉しかったです!

これからも どうぞ 宜しくお願いします!

こたさんは 西洋の方のお薬を服用していらっしゃってきて
副作用を身体で感じていらっしゃっていたんですね
副作用は怖いですよね 身体も辛いことだと思います

話は少しずれてしまうかも しれませんが
母が夏になると ジンマシンがでる体質でして
私たち娘姉妹もたまに 出ることがあるんですが
当時 母は 「ステロイド」を処方され 塗っていたそうなんです
不思議なくらい 治るんですって、でも 止めたとたんに
以前の倍以上の ジンマシンが出てくる・・・

それを繰り返しているうち ステロイドでさえ
効かなくなってしまったそうです

皮膚の表面から与える 薬でも これだけの
副作用が目に見えてわかるという事が
とっても怖いと思ったそうです

そこで ’どくだみ茶’ を飲んで 逆に身体の中の
毒素を排出する目的で飲み始めたら
飲み始めてすぐ ものすごい ジンマシンがでたのですが
飲み続けている内、年々、ジンマシンが減っていったんです

母の場合は 症状を抑える・・・お薬よりも
悪い物を出す・・・方法が身体にあっていたという事なのでしょうね

どくだみ茶を何年もかけて 飲み続けた結果なので
やはり 時間はかかりましたが・・・

こたさんも 本質を改善させる努力をしていらっしゃるので
母のことを思い出し、書かせて頂きました。

ところで メディカルアロマとは なんですか?
(すみません 無知ですよね わたし)アロマとは
あのアロマですか?どちらにしても 西洋のお薬よりも
身体には優しそうです

こたさんとお話していると いろいろ勉強になり
とても ありがたいです

そして レメディーについても また ヨーガについてだったり
自分の体と上手に付き合う情報交換
とっても嬉しいです

PS:こたさんの身体に優しい 副作用のない 方法が
みつかりますように・・・・


Posted by しー at 2008年09月15日 10:39
♪しーさん こんにちは♪

お、今日はお休みでしたか。
のんびりいい休日を過ごされているようで、
こちらもうーんと背伸びをしたい気分になりました。

なるほど、お母様が身を持って副作用を体験されたのですね。
そんなこともあってしーさんも、なるべく自然に近い状態で、と
思われるのかもしれませんね。
ステロイドの怖い話はたくさん聞きます。
時間はかかってもお母様に有効で、体に害のない方法が
見つかって本当によかったですよね。
痛いのもつらいけれど、痒いのも、これはまた
結構大変なんですよね。

うん、私も害を抑えるのではなく出す方法に賛成です。
だいたい症状自体、何か原因があっての結果として出ているのだから、
元を断たなければそのとき緩和したところで、
きっとまた出てしまいますよね。
それに副作用、これが侮りがたい。
これからもこの体を使っていくことを思ったら、
その少しずつ摂っている毒が後々どんな悪さをするか、
非常に怖いものがあります。
まぁそれを待つまでもなく、現に今、結構ひどいことになっているのですが。

考えようによってはまだどうにか迂回できる今、
この状態になって良かったかなとも思います。
体がこれ以上衰えて、弱った状態にだってこれからなるんですから。
まだ体もやったら応えてくれる柔軟性を持ってますからね。
体の不具合との上手な付き合い方も、今から習っていけたらなって思うんです。

メディカルアロマのこと、長くなりそうだから次の記事に書きます。
待っててね。
Posted by こた at 2008年09月15日 17:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1493469
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック