2008年01月30日

ちったのもの

さてこれは何でしょう。

IMG_6131_s.jpg


IMG_6130_s.jpg

ちったのごはんを量る「はかり」でした。

デジタルは電池を使わなければいけないから避けたかったのですが
よくある針のものはかさばりすぎて、針でも薄型なのは予算が足りなくて
これに落ち着いた。

どうしても体重が減っちゃうちった、これで毎回ごはんを量って
体重が減ってきたら大目に、安定してきたら普通量に加減しながら。

ニックネーム こた at 13:25| Comment(8) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁー、こんな薄型で小さな秤があるんですね!
ハル用じゃなく、お菓子作りように欲しいです。
今のは昔ながらのアナログ秤なので、でかいw
出し入れが面倒なんですよねー\(-o-)/
Posted by ハルミズキ at 2008年01月30日 17:11
こんばんわ♪
ちょっとご無沙汰していました!
お元気ですか?

これは小さくて便利そうですね!
ちったちゃんのごはん ほんと正確に
はかれますよね♪
Posted by しー at 2008年01月30日 18:54
♪ハルミズキさん こんばんわ♪

いいでしょう。
もっと自慢しちゃうとですね、カップを乗せた後に
デジタル表示をゼロに戻す機能もついているんですよ。
これは絶対必要と思っていたのです、そそっかしいから。
お菓子作りは楽しいけれど準備と片づけが面倒なんですよね。
これは2キロまで量れるからお菓子作りにも十分活躍してくれそうですよ。
Posted by こた at 2008年01月31日 20:37
♪しーさん こんばんわ♪

お久し振りです。
私もちったも元気ですよ。
しーさん、ぼのちゃん、げんまいちゃんも
お元気そうで何よりです。

出し入れの面倒があるときっと使わなくなってしまうので
嫌いな電池式だけれどあえてこれにしました。
毎日同じようにあげているつもりでも、
どうもだんだん量が少なくなってしまうみたいで
量ることにしました。
貧乏性なのかな。
Posted by こた at 2008年01月31日 20:54
電池式が嫌いなんですね〜。
私もデジタルスケールを使ってますよ。
445gって、カップも含めてですか?
ですよね??445gってかなりの量ですもんね。
ミューも最近痩せました。
原因は、運動量が多いのに、
それに見合うごはんの量をあげていなかったからです。
ちったくんは、フードの量が原因かな?
Posted by 幸子姫 at 2008年02月01日 13:02
こんばんは〜!!コメントを残していただいて、本当にありがとうございました。
わんちゃんの餌は、体重によって増やしたり減らしたりして、きちんと健康管理していらっしゃるんですね。ご飯をはかるためのはかりは初めて見ました。それは、わんちゃんのごはん用はかりとして売られているものなんでしょうか?
Posted by ゆかピン at 2008年02月01日 20:08
♪幸子姫さん おはよう♪

電池は完璧にごみになってしまうでしょう、だから嫌なんです。
表示には小数点があってカップ抜きで「44.5g」です。
400なんてあげたら口からはみ出るんじゃないかしら。
幸子姫さんもデジタルの秤をご愛用ですか。
体重が増えちゃう子もそうだけど、減っちゃう子にも必需品ですよね。
ミューちゃん、体重は戻ったかな。
うちも減っちゃうときは食べるよりずっとたくさん
運動しているときだと思います。
その日の様子を見ながら、調整が必要なんですよね。
Posted by こた at 2008年02月02日 08:09
♪ゆかぴんさん ようこそ♪

いつもと全然違う口調でいらっしゃるから一瞬どなただろうと
考えてしまいましたよ。
ご訪問くださってありがとうございます。
犬でもただあげていれば体重を保つ子もいれば
ちょっとした差で体重が増えたり減ったりする子もいるみたいです。
うちのちったは油断をすると減ってしまうので、
こうして量を毎回確認して、運動の激しかった日には
多めにあげたりするようにしています。
3びきのこぐまちゃんたちはいっぱい食べていっぱい遊んで
すくすく成長しているのかな。
これは特に犬用ではなくて、普通のお料理用のはかりです。
大きくて収納が必要になると出し入れが面倒で使わなくなるので
いつでも出しておけるよう、薄型のものを探しました。
Posted by こた at 2008年02月02日 08:22
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1276951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック