2007年10月29日

新技 練習中

困らせられることも少なくなってきたちった。
ふと生活のすべてが訓練に結びついていた日々を思い出した。
最近新しいことを覚えていないね。
ちったは練習が(ほめられるのが)嬉しいんだから何かはじめよう。

今までのしつけ系からちょっと離れて遊びの動きをしてみたいね。


<そのいち> ジャンプだっこ
 モニちゃんのお母さんから犬と踊るダンスのことを聞いて興味深々。
 ちったと一緒に何かするのが大好きだからね。
 でもどういうものか見当もつかないのでまずは話に出てきた
 「ジャンプだっこ」に挑戦。
 ジャンプしたちったを空中で受け止め抱っこ、が最終形。
 今は「だっこ」のかけ声で右腕を前に出して叩き、
 そこにちったが前足をかけたら抱き上げている。
 抱っこが好きで、しかもほめてもらえるから、
 自分から何度でもしたがる。これは有望。
 だんだん出す腕を高くしていけばそのうち飛び上がるんじゃないかと言う魂胆。


<そのに> ぐるん
 ごはんの前にごはんから何粒かのフードを出して
 鼻の前からちったの周りを一周、
 ちったもそれにつられてくるんと周る。
 現在はごはんなしでも手を鼻の前に出して
 「ぐるんして」と言うとぐるんと周る。
 将来は号令だけで周れるようにしたい。


フリスビーは相変わらず私の投げる腕が悪くて、
ちったはいつも落ちたフリスビーを拾っている状態。
ディスクを変えるべきか、さらに腕を磨けばいいのか。


何にしても、一緒に何かすればするほど、
ちったの思っていることが分かるようになってくるというおまけ付き。ちったの得意な動きを活かせることからどんどん増やしていこうね。

ニックネーム こた at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1183672
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック