2009年11月02日

不安定な足場の自主訓練

ちったの大きな課題のひとつ。
それがいろんな足場に慣れること。

何かに夢中になるとすぐ吹っ飛んで行くくせに、足元がぐらついたりすると躊躇する。
家の中でもたまに箱や物を積み上げて、
わざとその向こうに大好きなおもちゃを放ったりして慣れる練習している。
だけどその情景を載せてもただの散らかった部屋だから、
ベランダでの自主錬の様子をご覧ください。







まずこんな重しをふたつ置き、


IMG_7913_s.jpg







その上にプラスチックのなみなみ板を渡す。


IMG_7911_s.jpg







さあどうだ、勇気を出して歩いてみたまえ、と思ったら、








IMG_7908_s.jpg


植木鉢の向こう側を迂回した挙句、きゅうりのネットにひっかかり。







とうせんぼだぞ、


IMG_7909_s.jpg








と置いたぞうさんじょうろすらも避け、さらに奥にあるプランターの自然薯の上を歩き
再びこんなことになり。


IMG_7914_s.jpg







さらに進入禁止のダンボールを追加するなどの後、ようやく観念して板に足を乗せる。

が。




(注意:音出ます)








・・・そうきたか。
まあそうだよね、その方が断然簡単だもんね。


さらに障害物を増やして仕切り直し。
何度目かの挑戦でようやくこんなふうに体全部を乗せられるように。



(注意:音うるさいです)







まだまだおっかなびっくりだけど、よくがんばった。
忘れないうちにまた作って、練習しようね。

ニックネーム こた at 19:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 災害救助犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする