2009年09月17日

実りの夏、芽生えの秋

愛でるための花であると私は枯らしてしまいがち。
収穫できるものなら情熱も続くかも、と夏の初めに自然薯ときゅうりを植えた。


自然薯は生命力が強いという噂の通り、あっという間にベランダの天井に達し、
それゆえ葉に日が当たらなくなるという自業自得と片付けてしまうには
あまりにも切ない状況となり、収穫はどうなんだろう。
むかごご飯を楽しみにしているのにな。


一方のきゅうりは、タキイの種のホームページで見られる、きゅうりのかかりやすい病気、
片っ端から制覇しつつも一日に約一本の割合で、収穫できる大きさにまで育ってくれている。
長さが10cmくらいで収穫する品種。


IMG_7831_s.jpg






肥料だって、だんだんに鶏糞を盛っていっているだけなのに。
がんばるなぁ。







そしてこちらは我が家にやって来て2年ほどになろうかという、
私のかわいいがじゅまるちゃん。


IMG_7885_s.jpg


2回の越冬を経て今年の春頃大きな鉢に移し替えてあげたら、
見事に枝を広げるようになった。


日本だと沖縄が原産の木だから、
お水も根元だけじゃなく、上から降り注ぐようにあげるのが好き。
台風の多いお土地柄だもの。


見えるかな、葉っぱの間にある新芽。
この部分が伸びてだんだんに硬くなって、枝になっていくんだな。


IMG_7886_s.jpg





そうやってうっとりがじゅまるちゃんに見とれている間、
ちったはけなげにじっと待っていてくれる。


IMG_7887_p_s.jpg







なんておりこうさんなんでしょう、と感動しようとしたらこれ。


IMG_7890_p_s.jpg


「ここのこれ、食べ頃だよね。ちったのだよね。」


ああそうか、君は私と樹木との語らいを、広い心で見守っていてくれたわけではないのだね。



(注意:音うるさいです)






秋の気配も色濃いというのに、この毎朝の収穫は変わらず続いている。







そして。


IMG_7920_s.jpg


自然薯があらたに芽を出した。
この期に及んで、一体何を考えているのだろう。

ニックネーム こた at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャックラッセルテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする