2008年12月09日

ドッグフード やめました

ちったのからだのことを勉強し出したら、
ものすごく気になりはじめた食べ物のこと。


これまでもしっかり調べて選んでいたけれど、ドッグフードの「総合栄養」って言葉に
寄りかかりすぎてたかなって感じがしてきた。


原材料とか必要な栄養素とか、調べれば調べるほど、
私がそれまで思っていたほどドッグフードが完璧なわけじゃないことが分かってくる。
本当にちったに摂らせたい栄養素を網羅しようと思ったら、当たり前だけど
それを含んだ食べ物を、吸収しやすい状態で与えてあげられれば一番いい。
ま、面倒なときはフードをちょちょいとあげちゃえばいいや、と思って
切り替えたのが10月初め。





本日のお肉の部。トリモモ。
IMG_6786_s.jpg




野菜の部。なめこと水菜の黒ゴマがけ。
IMG_6787_s.jpg





そして低温殺菌牛乳からいえで作るヨーグルトと亜麻仁油。
葉物はどうしても器に残りがちだから和えてあげる。


手順を文章にすると面倒だけれど、この2か月でフードのお世話になったのは一度きり。

だって喜び方がぜんぜん違うんだもの。
食べ終わったときに、フードの時にはない「満足ぅ」って顔をする。
それに目の輝きが変わった。
ますますいきいきして、生命力が感じられるというか。

体重が増えないことであんなに悩んでいたのも嘘のよう。
最近はころっとした感じがでてきて骨が目立たなくなってきた、触り心地もなかなか。

それを思い描くとごはんの準備だって楽しみになる。

ニックネーム こた at 10:31| Comment(12) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする