2008年09月15日

レメディとメディカルアロマテラピー

さて、レメディ再開から数日。
特に目立った変化はない。
レメディは副作用がないことを最大の利点と考えていて、効果があったとしても穏やかなところが
逆に自然に反していない気がしていいと思っている。


そうは言ってもあと何年も、何か月も付き合っていくのはちょっと、
できるだけ早く対策をしなければ、ということもある。
例えば最近ちったが前より頻繁に体を掻くようになったことや、
これから野外活動を増やしていくちったの虫よけなど。
アレルギーからの痒みだとすれば免疫力を上げるとか、レメディでも方法はあると思う。
ただ人間と違ってだから治まるまで掻くなとも言い聞かせられない。
体を掻くのがひとつの言葉でもあるし。
それに虫にたかられにくい体質にする、などという方法がレメディにあるのかどうか
少なくとも私は知らない。
ダニ除けというとフ○ロントラインという固有名詞が出てくるのにも納得がいかず。
いい話しか聞かないものは、情報がきちんと出きっていない証拠と私は考える。


そこで目をつけたのがメディカルアロマテラピー。
これが一般に知られているアロマテラピー(セラピー)とどう違うかと
素人の私が知る限りで説明すると次の通り。

現在主に広まっているのはイギリス式と呼ばれるアロマセラピー。
これについては皆さんもいろいろご存知のことと思うので、説明は省略。
メディカルアロマテラピーはフランス式と言われ、より直接体に働きかけるように精油を使う。
芳香成分の含有量などという科学的な部分にも着目しつつ進めるので、
例えばラベンダーひとつを取ってもその目的で3種類を使い分けたりする。
そしてジェルや乳液などにして直接肌につけたりして成分を
体に取り込むことも多くなるので、
より安全で、成分や保証期限などが明記されている精油を使う必要があるなど。
薬以外の方法で、ある程度はっきりとした効果があるとされるということで、
試してみることにした。


まだ注文した精油も届いていない状態での感想だが、メディカルアロマテラピーは
薬より副作用がないとは言え禁忌事項や耐性がつくということもあり、
やはり一時的に薬のように使うようにしていきたい。
妊婦さんには使えない精油があったりするというのは、もちろんホルモンなどに
直接影響を及ぼしかねないから念のため、ということもあるかもしれないけれど、
私から見るとやはりそれだけ強いものだということ。
何にしても物事を力任せにねじ曲げてもだめ。
本当の変化は内側からしか起こらず、外から出来るのは環境を変えるとか情報を与えるとか
その結果として選択肢を増やすとかそんなもの。
何を選んでどうなっていくのか、それはそのもの自体にかかっている。


薬の副作用だから、いらいらしてもぼーっとしても仕方がないんだよ、
なんてことが分からないちったには特に、
できるだけそういうことのないものを使っていきたい。


ちなみに「Aromatherapy」を英語読みすると「セラピー」、
フランス語読みすると「テラピー」という説もあるようだが、
英語読みの時点で日本人には「セ」とも「テ」とも聞こえるので、
この読み方だけで両者を区別するのには無理があると思われる。

ニックネーム こた at 22:22| Comment(11) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする